無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3👴
ミン👴ユンギ
ミン👴ユンギ
あなた、俺んちに住むか?
you
you
うん。。。…え?!
you
you
今なんて?
ミン👴ユンギ
ミン👴ユンギ
俺の家で住むか?って聞いただけ
you
you
う、うん。。ゆ、ユンギがいいなら
住みたい
寂しいから。。。
ミン👴ユンギ
ミン👴ユンギ
よし!
荷物まとめな。
俺も手伝うから
you
you
あ、ありがと。
まとめ終わり
       家
👴 □ □ □ □ □ 🕊️←あなたの家



ユンギの家到着
you
you
お邪魔しま…


いた!!!
ミン👴ユンギ
ミン👴ユンギ
お、おい大丈夫か?
ユンギの声?こんな近いのに遠ざかって聞こえる



























👀パチパチ
you
you
ゆんぎ?
ここは…
ゆんぎの部屋?
それからここのベットはゆんぎのベット? 
わぁー!!
嘘でしょ?!

ユンギ、あなたの手を握ってる
どうしたのかな?
心配してくれてるのかな?
そんなことないっか、ゆんぎもこんな気持ちだったのかな。。。
ゆんぎも今まで辛かったよね
ごめんね今までわかってあげられなくて。
今初めてわかったユンギの気持ち













































すごく辛いしすごく悲しいしすごく…嫌だ。



だけどそれをずっと口にせずひとりで抱え込んで、、、たまにはあなたを頼ってよ。。
あなたは何もできないかも知れないけど話くらいは聞ける何があったって。。。

















Next