無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

34
私がなぜ昨日投稿しなかったのかは

わかる人には分かりますよね?ㅋㅋ


今日の為です〜
今回もジミンちゃんのセンイルという事で、

本編に関係の無い内容です〜

----------------------------------------------------------------------
You
You
(´-﹃-`)Zz…


現在の時刻、

10月13日

7時42分。
ジミン
ジミン
ワクワク……))
ナムジュン
ナムジュン
ん、ジミナ今日は早いんだな、
ジミン
ジミン
はい!((ジー
ナムジュン
ナムジュン
ん?俺の顔になにかついてる?
ジミン
ジミン
………いいえ?

ジミンちゃん落ち込みます。
ホソク
ホソク
おはよぉー!!!!
うわっ!ジミナが起きてる!怖っ!
ジミン
ジミン
ヒョン!((ワクワク
ホソク
ホソク
何?
あ、!
ジミン
ジミン
はい!
ホソク
ホソク
おはよう言ってなかったねー‪w
ジミン
ジミン
…………………おはようございます…


ますます落ち込みます
ユンギ
ユンギ
ふわぁ………
お、ジミナ早いな。
ジミン
ジミン
ユンギヒョン!
きっとこのヒョンならば言ってくれるであろう
ユンギ
ユンギ
雪でも降るんじゃね?
ジミン
ジミン
……………………そうですね、
もうそろそろ心折れます
ジン
ジン
ジミナーーーー!
ジミン
ジミン
ヒョォォォォーン!
ついに来ました救世主
ジン
ジン
昨日鍵1個掛け忘れてたでしょ!
ジミン
ジミン
………ごめんなさい、
ジン
ジン
わかればいいんだよ!ポン
ジミン氏

今肩に乗っている手を全力で振り払いたい気持ちを必死に抑えます
ジョングク
ジョングク
あ、ジミニヒョン……
ホソク
ホソク
うわ、ジョングガまで早いよ…
You
You
私が起こした!
ジミン
ジミン
ジョングガ〜!

ヒョンの誕生日くらいおぼえてるよね?
ジョングク
ジョングク
寝起きで髪の毛やベーッスよ
You
You
うわぁ…ウルト○マンみたい〜


もういっその事ウルト○マンになって
飛んでいきたいです
テヒョン
テヒョン
………ねむ
ジミン
ジミン
………ふんっ、

どうせお前も言ってくれないんだろ!
テヒョン
テヒョン
あ、ジミナ!
センイルチュッカヘ!
愛してるよ!
ジミン
ジミン
………(  ˙-˙  )
You
You
あ、


テヒョナァァァァ……!


愛してるよぉぉぉぉーー!
誕生日の日まで

この作者ジミンちゃんをいじり倒します
((誰が殴ってください
----------------------------------------------------------------------

ジミンしぃ〜
センイルチュッカヘ!

いつもニコニコして、メンバー達の面倒も見てあげてお餅天使な貴方がいてくれて本当に良かった!

色々と辛いこともあるだろうけとわ、


ジミンちゃんにとって幸せな1年でありますように