無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1






その人(達)が来はじめて2ヶ月。



いつも通り仕事してると

急に話しかけられました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた

いらっしゃいませ…

あなた

(まただ…何なの?この人ら…キモすぎるんだけども…)

???
???
すいません。
あなた

はい

あなた

どうかされましたか?

???
???
あの、あなたさんで合ってますか?
あなた

えっ…

あなた

(なんで名前知ってんの?名札上の名前だけだよ?え?…)

あなた

い、いえ…違います。

???
???
そうですか…すいません
???
???
合ってるはずなんだよな…(((ボソ
あなた

???
???
あ、いえ、なんでもないです。
???
???
これ、お願いします
あなた

あ、…はい

???
???
あと、〇番のタバコ下さい。
あなた

身分証を…

???
???
はい
あなた

ありがとございました

あなた

こちらの方タップお願いします

???
???
はい
あなた

お会計が1230円になります

???
???
これで…
あなた

はい

あなた

レシートになります

???
???
ありがとうございます
あなた

ありがとうございました






〜あなたside〜
何で?
なんで名前知ってんの?
怖すぎん?

(;-ω-)ウーン
注意すべきか…


end



帰宅後
あなた

ニュースー

ーーーー
速報です
ーーーー
最近〇〇市のコンビニエンスストア付近で真っ黒の服をまとった男(SEVENTEENだと思われる者)達がその店内に出入りしている行動との目撃情報がありました。

近辺にお住まいの方は襲われる可能性がありますので、出来るだけ外へ出ないようにしてください。

以上ニュース速報でした。




あなた

まじかよー

あなた

てか、あっこのコンビニうちが仕事してるとこじゃんか!

あなた

しかも真っ黒…

あなた

…………

あなた

え!もしかして…いつも来てる人SEVENTEENって人なの!?
すごい危ないじゃん私!wwww

あなた

やっぱ魅力のない私みたいなブスは襲わないんだよ爆笑





次回
この続き。