無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

10
続きです





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


次の日のお昼頃


あなた

ん……パチパチ目の瞬き
何処ここ




周りを見渡せば薄ピンク色の壁紙に綺麗なランプ、可愛い机に椅子、それに自分の寝てるベッドはふかふかでカーテンがかかっている。



The 女の子の部屋って感じ。










ちょっと自分の部屋あさろうかな。









あなた

よいしょ、

あなた

可愛い……

あなた

机の中は?
ガタッ引き出し開ける音

あなた

うわー、必要なものばっかじゃん。

あなた

………………………てか、これ我のじゃね?

あなた

……………………じゃあ、ここどこ?
明らか自分の家じゃねぇし……

あなた

んー?夢k……


)ノ|Ю ガチャ
???
???
夢じゃねぇし。

てか目、覚めたんだ
あなた

バッ振り向く

誰ですか

???
???
この家のもんだけど
あなた

この家の……あ!

あなた

貴方!私を誘拐したんですね!?
この部屋可愛くて好きだけど、自分の家に返してください!

???
???
っるさ。

お前を家に返す?
それは…………寄って行く
ガチャリ鍵閉まります
あなた

ッちょっ…………後ずさり

















無理ベッドにあなたを押し倒す






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア

次回🔞入るかも。





ええとこで切ってすいません


また次回で。