無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

16










続きです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







あなたの夢の中



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





あなたは今ペットショップに居ます。



あなた

うわー✨可愛い😆

お店の人
お店の人
どんな子をお求めですか?
あなた

うーん…

お店の人
お店の人
私はこの子とかいいパートナーになると思いますよ?
悩んでた私にそう言った店員さんの手の先にいるのは、

ゴールデンレトリバー。

色は肌色に近い色で綺麗な目をしていて見てて惹かれる子。








他にも沢山の子が居たが、何故か店員さんにオススメされたこの子が気になる。







あなた

触ってみてもいいですか?

お店の人
お店の人
ゲージから出しますね?
お店の人
お店の人
少々お待ちください




物凄く見てくるこの子…











可愛い




お店の人
お店の人
どうぞ
あなた

可愛い





まだ小さくて、サラサラで…言い出したらキリがないぐらい可愛い。













よし。











沢山悩んで決めた。












この子にすると。










あなた

この子欲しいです。

お店の人
お店の人
ありがとうございます







そうして色々書類とかして、この子をうちに連れて帰った。














家にて
あなた

よしよし

あなた

君の名前何にしようか

犬
ワン!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



長すぎるのでここまで。


では、また。