無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

25



続きです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



騒ぎのあった次の日の朝



リビングにて











ミンギュ
ミンギュ
ご飯出来ましたよ
ジス
ジス
おはよう
ジス
ジス
今日は?
ミンギュ
ミンギュ
おはようございます。
ミンギュ
ミンギュ
今日はウジヒョンからの提案でフレンチトーストです。
ジョンハン
ジョンハン
いいじゃん
ミョンホ
ミョンホ
いい匂いがする











そして全員集合し、








スンチョル
スンチョル
いただきます
all
all
いただきます
あなた

いただきます…






食事中、あなたは考え事をしていた。











あなた

(…何で私を誘拐したんだろ…この人達どうやって集まったんだろ…スマホで調べれば出てくるはずだろうけど…うーん)

ディノ
ディノ
?(ヌナ、何考えてるんだろ)









周りが少し騒がしく食べている中、あなたは黙々と食べながら指を曲げたり、広げたり…












ウジ
ウジ
おい、
あなた

ウジ
ウジ
…おい
あなた

…?

ウジ
ウジ
お前だよ
あなた

私ですか

ウジ
ウジ
目見て言ってんだからお前しか居ねぇだろ
あなた

はい…(この人怖っ)

ウジ
ウジ
手、痛いの
あなた

え?

ウジ
ウジ
いや、
ウジ
ウジ
グーにしたりパーにしたりしてるから…
あなた

あー…大丈夫ですよ!

ウジ
ウジ
あなた

心配して下さったんですか?

ウジ
ウジ
っ、そんなんじゃ…///
あなた

(…おぉ、可愛いじゃないですか!)

あなた

怪我とかじゃないので、大丈夫ですよ☺️

ウジ
ウジ
…そ。なら…いい
ウジ
ウジ
(無理、俺死ぬ…///)
all
all
(ウジ(ヒョン)デレデレじゃんㅋㅋ)






こうして、朝ご飯が終わった…











ー部屋にてー












ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


少し短かったかも知れないです。

今、その他の容量が消えなくて腹立ってます。
(どーでもよすぎる。)

……また次回。