無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

₁₂






続きです。
あなたさんsideです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









その後...
あなた

...ハァ...

あなた

(シちゃったよ...。名前も知らないのに...。早く帰りたいな...。)





そう、今あなたはベッドの上で絶望してます。









何故なら、前回の通り急に襲われ、中出しをくらい、量が多すぎて中から出てきている状態。










あなた

なんで私なの.........

あなた

無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理

あなた

(´Д`)ハァ…










気分が最悪なままあなたは重いまぶたを閉じた。













ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この話は想像して見てもらえると状態がわかりやすくなるかなと思われます。(多分)




では、また次回