無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

14


最初に…


皆様、こんにちは。





※・今回は少し長くなります。
・新機能を今発見しましたので使ってみております。
・久しぶりに書きますので誤字脱字、書き方の違い等あると思います。ありましたら御指摘して頂きたいです。







では、スタート
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あなた

(手が痛い…)スリスリ…


手錠で止められてた手が擦れて赤くなっている。

あなた

何もかも急だわ

あなた

(こいつ…なに?この白いネバネバ…。)

あなた

寝れないじゃん。‪💢




あなたはシーツを外して寝た。











次の日










あなた

んっ……

あなた

( ̄□ヾ)ファ~

あなた

キョロキョロ……( ˙-˙ )

あなた

うわっ!

???
???
Σ(-᷅_-᷄๑)……おはよう
あなた

ビックリしたー

あなた

お、おはようございます……。

???
???
こっちがビックリだよ。
あなた

い、いつからこの部屋に…?

???
???
さっきだよ。
あなた

…そうですか。

あなた

何しに?

???
???
朝ご飯だよ。要らないの?
あなた

食べます

???
???
はい。







トレーにはご飯、味噌汁、鮭、牛乳……と錠剤2錠。







あなた

これなんですか

???
???
わからない
あなた

???
???
まぁ、気分落ち着ける薬でしょう。
((ボソッ違うだろうけど。
あなた

最後なんて?

???
???
いや?
???
???
喉積めないようにねって言ったんだよ
あなた

あ、あー(そんなに幼稚じゃないし。)
そうですか、ありがとうございます

???
???
じゃっ






と言って大きい人は出ていってしまった。















あなた

あの人誰だ?

あなた

ま、いっか








朝ごはん食べ終わり、薬も飲んだ。



5分後。



あなた

眠っ、沢山寝たよ?……んー。




そのまま眠ってしまった。



どうやらあの薬は睡眠薬でした。












ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



変なとこですいません。
長すぎるのでここで。


また次回。