無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3
続きです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
莉奈
莉奈
捕まったら…
あなた

捕まったら?

莉奈
莉奈
あんなことやこんなこと…
あなた

なによ

莉奈
莉奈
だから…
莉奈
莉奈
あーゆー系とかこーゆー系
あなた

あー(わかってない)

あなた

やべーから気をつけろと。

莉奈
莉奈
そー!
あなた

わかりゃした

莉奈
莉奈
いつ襲われるかわからないからね!
あなた

んー。

莉奈
莉奈
んじゃ!
あなた

はいよー

ブチッ




数分後


📞phone call

あなた

はーい

お店の人
お店の人
もしもし
あなた

はい

お店の人
お店の人
防犯カメラ見たんだけどさ
あなた

うん

お店の人
お店の人
あんたのシフト時間にSEVENTEEN来てるのよ!
あなた

ほー。

お店の人
お店の人
もしかしたらお店襲われるかもしれないから、
明日からSEVENTEENが消えるまでお店閉じないといけないっててんちょから連絡あったから休みね。
あなた

お店の人
お店の人
それだけ伝えに来たから。
あなた

お店の人
お店の人
ばいち
お店の人
お店の人
安全にね
お店の人
お店の人
ブチッ
あなた

ちょ、

あなた

えー

あなた

これからずっと寝とけってか?

あなた

えー



数週間後…


次回
SEVENTEEN side