無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

15








何か新機能とかバンバン使います。(語彙力低下してきてるので表現という感じで使ってます。)
これ邪魔だ!とか見にくかったりしたら言ってください、お願いします。






続きです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














数時間後…(昼過ぎ)









あなた

ん………重い。










あなたは体に通じる何か重い者が乗ってるのを感じて意識が覚めた。







あなた

(やけに全面暖かいんだよな…背中もちっと…足なんかに絡まってね?……てか、目開かねぇんだが?)





どんなに努力しても開かない目。







開けたくても、暖かいカイロのような大きい抱き枕に抱き締められてるのでまた眠気が襲ってくる。











あなた

無理だ……












諦めてカイロに抱かれるまま寝てしまった。









???
???
あーぁ…また寝ちゃった…この薬どんだけ効くのさ。
???
???
まぁ、あなたが寝てる間に色々楽しい事したから良いんだけどさ…
あなた

うーん……‪💢

???
???
何で僕の上来ちゃうかな…?
只今あなた氏寝返り打てなくて怒り、???さんの上に乗っちゃってるんです。






サイズ感パパと子見たいな感じ?








???
???
もー…
???
???
まぁ…いっか。

僕も寝よ。

















またまた、数時間後。(夜)





















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





長いような短いような微妙なとこですいません。



質問とか、受け付けてます。(誰も必要としてない)



では、また次回。