無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

30

長引かしてしまって申し訳ないです。



続きです


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





この乗り物に何人乗ってんの…






いろんな所から声が聞こえる…







そんな事思ってたらマスクとアイマスクが外された。






あなたは大きく息を吸った。








あなた

スゥーハァ…

あなた

やっと前が見れる…




あなたはため息をつついて前を見たら……









目の前にはデズ█ーラ█ドのような大きな黒い家が建っていた。









あなた

何これ……

???
???
僕らの家だよ
???
???
自己紹介は、家の中でね


ーー家にてーー




リビングらしき部屋に集まって自己紹介が始まった。


ー省略ー



スンチョル
スンチョル
てことで、よろしく。




て感じでこれから監禁生活が始まるようです。









ー[完]ー





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


無理矢理でごめんなさい、

タイミング逃してなかなか1章完結出来ませんでした。

次回から2章に入ります。

説明は【"連絡場"】の方をご覧下さい。

アンケート?も答えて下さると嬉しいです

よろしくお願いいたします。