無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

プチ行方不明
皆が起きてくると....
机に料理が並べてあり
湯気が立ち込めていた
その周りで主がうろうろしていた
厚藤四郎
厚藤四郎
俺達に作ってくれたのか?
第6代目 主
いや私が作ったのではないんだが
何処の部屋を見ても龍祇がいなくてな
三日月宗近
三日月宗近
!?
小狐丸
小狐丸
.......
鶴丸国永
鶴丸国永
主なんで龍祇を探しているんだ?
第6代目 主
お前たちの力が最近鈍っているから
稽古についてもらおうと思ったんだがな…
鶯丸
鶯丸
龍祇に負けるわけない
第6代目 主
それは試して見てから言うもんだな
今剣
今剣
龍祇ならさっき見たよ!
第6代目 主
何処だ
今剣
今剣
屋根の上に居たから
一緒に喋ってた
三日月宗近
三日月宗近
腰いわしてたはずなんだがな
小狐丸
小狐丸
兄者気づかなかったのですか
三日月宗近
三日月宗近
何がだ?
小狐丸
小狐丸
腰はいわしてません
小狐丸
小狐丸
あれは龍祇なりの甘え方だと
三日月宗近
三日月宗近
そ、そうか/////
三日月宗近
三日月宗近
じゃあ足は
小狐丸
小狐丸
足は見事に捻挫
三日月宗近
三日月宗近
ではどうやって登ったのだ........
お供のキツネ
お供のキツネ
あの龍が屋根へ連れていったのではないでしょうか!
三日月宗近
三日月宗近
昨夜の黒龍か
小狐丸
小狐丸
おい鳴狐はどうした
お供のキツネ
お供のキツネ
1人で屋根へ
心配で心配で駄目だと申していたのですが
風呂に入れると言われまして......
仕方なく
三日月宗近
三日月宗近
なぜ一緒に行かんかった
お供のキツネ
お供のキツネ
1人で行きたいと申すので
屋根では


登ってきた鳴狐が龍祇の顔を見つめていた
鳳姃 龍祇
鳳姃 龍祇
‪w
そんなに見られては眠れんではないか
鳴狐
鳴狐
ビクッ
鳳姃 龍祇
鳳姃 龍祇

そんなにびっくりせんでいい
でどうしたここまで登って
鳴狐
鳴狐
あ、主が探して..る
鳳姃 龍祇
鳳姃 龍祇
そうか では降りる
気を付けよ
梯子は少し滑る
すると鳴狐が降り始めると
足が滑り 思わず手を離してしまい、
落下した
鳴狐
鳴狐
!?
鳳姃 龍祇
鳳姃 龍祇
鳴!!
第6代目 主
鳴狐!
鳴狐!!
お供のキツネ
お供のキツネ
鳴狐様!!
皆落ちる鳴狐を見て
顔を青ざめ、息を呑んだ
誰もが終わった.........そう思って鳴狐の方へ近寄った時
そこにはふわふわと浮ぶ鳴狐を包む何かと
真っ白な九尾狐の姿があった
鳴狐
鳴狐
???
第6代目 主
鳴狐無事か!?
鳴狐
鳴狐
(。_。`)コク
第6代目 主
良かった
屋根に居た龍祇は
お供のキツネ
お供のキツネ
主の近くにいると申しております
謙信景光
謙信景光
怪しげな狐お主一体何者だ
そう九尾の狐に喋りかけた
九尾狐
九尾狐
お主ら朝から険しい顔をしおって
九尾狐
九尾狐
そうだ鳴狐を救ったのは私だ
だが誰1人我の姿が分からんのは辛き故
元の姿に戻らせてもらう
鳳姃 龍祇
鳳姃 龍祇
少し手間がかかってもうたな
そう言って扇子を扇ぐ
三日月宗近
三日月宗近
だからあいつは龍狐と言われておる
意味が分かったか?
小狐丸
小狐丸
少し.........
鳴狐と龍祇が喋っている間に
三日月宗近
三日月宗近
そうだ皆 少し勘違いをしておるようだが
龍祇は女子おなご
.........え?
山姥切国広
山姥切国広
え、え女子?
小狐丸
小狐丸
あ、兄者嘘でございましょう
龍祇が女子なわけ....
鳳姃 龍祇
鳳姃 龍祇
そうだ
我は女子じゃ やっと気づいたか
続きが見たい方は次の作品へ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

フラガレスト
フラガレスト
男子に間違えられる女子 2人で合同でやっています 変なところや不可解なものがあれば教えて貰えると有難いです
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る