第3話

笑顔
580
2018/09/04 02:38
あなた

んー…

シルク
シルク
どうした?
あなた

いや、ちょっとわかんないところがあって。

シルク
シルク
どれどれ?これはまぁむずいよな。
手伝うわ。
あなた

ありがとう。

シルク
シルク
これをここに置いたら?
あなた

23?

シルク
シルク
そう。それが答え。
あなた

ものすごいかんたんじゃん。

シルク
シルク
おう。まぁやり方さえわかってればだけどな。
シルク
シルク
あなたは理解能力は強いし。
あなた

ありがとう。

シルクは満面の笑で私の頭をわしゃわしゃと撫でた。
あなた

えっ?

シルク
シルク
あー嫌だったか?
あなた

ううん。

シルク
シルク
悪いな。俺に妹がいてさ。こうしてやると喜ぶからつい。
俺はお前の笑顔好きだからさ。
あなた

シルクなら良いお兄ちゃんになれてるよね。
あっもうこんな時間。
私これから用事あるから行くね。

シルク
シルク
ちょっと待て。連絡先、交換しようぜ。
あなた

いいよ!

連絡先交換終了
あなた

じゃあね。

シルク
シルク
おう…
シルク
シルク
俺も用事あるんだったな。帰ろっと。
私はあなた。
あの笑顔忘れられない。きっと私はシルクに
恋をした。