無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

沈黙多い。
あなたside






……‥………。









しばらくの間凄い沈黙が続いた。









すると、誰かがドアをノックして入ってきた。







??:((コンコン。
失礼しま-す。あなたいますか-??






そう言って、入ってきたのは…、






翼だった。



あなた:…翼ッ!!!!



翼:あなた~♡
てか、なんで風磨くんと抱き合ってんの??笑
…え?!?!?!
なんでそんな血だらけなの?!?!?!

あ、そういや、私、血だらけだったんだ。



風磨:あ。忘れてた。俺の服にもめっちゃついてる笑


長い時間抱き合っていたせいか、
風磨の服にも血がびっしりついていた。


翼:も~!!!
こっち来て!!!!!




私は、翼に手を引っ張られ、楽屋を後にした。















聡side


なんで、勝利くん達はこの前入って来た浅川さんを
信じるんだろう…。
今さっき、楽屋を見てみたら、あなたが勝利くんたちに蹴られて血が出てた!!!!
なんで、同じメンバーなのに蹴るの???
ほんとに、あなたが可哀想。
てか、なんで風磨くんこっち来たんだろう??
何か思い出したのかな???
聞いてみよ。


聡:風磨くん。汚れ落とすから来て 笑

風磨:おう笑



ジャージャー。






風磨:そういや、マリウスは??

聡:マリは、
一旦落ち着くために飲み物買ってきて貰ってる。

風磨:…そっか。




………ジャージャー。


水の音だけが楽屋に響いていた。







聡:…風磨くん。

風磨:なに??

聡:どうして風磨くんは最初あっちの味方だったのに
こっちに来てくれたの??

風磨:…昔な。約束したんだ。あなたと。
"こんな事は二度としない"って。

聡:…。

風磨:…でも。俺たちはあいつを裏切った。
信じてやらなかった。5年も一緒にいたあなたを。
あなたじゃなくて、新人の浅川を信じた。
最低な奴なんだよ。だから、あなたが信じられなくなるのも当たり前なんだよな。
でも、また信じて欲しいって言う気持ちが
俺の心の中にある。

聡:…風磨くんがあなたに抱きついてた時、あなたも風磨くんに抱きついてたよ??
また、信じてくれるって事じゃないの??

風磨:…!!!

聡:…僕は最初、風磨くんたちが
裏切った事が凄く悲しかった。
でも、またあなたが風磨くんのことを
信じるって言うなら、僕も一緒に信じたい。
勝利くんたちも、また信じてくれるって、
僕は思ってるから。

風磨:松島…。

聡:へへっ。笑
なんか恥ずかしいね 笑

風磨:…だな 笑






よかった。風磨くんの本音が聞けて。






マリウス:Hello!!!!
そ-ちゃん買ってきたよ~!!


…マリ~!!!
いい感じだったのに笑



風磨:マリウスが空気壊したー笑

聡:ほんとだー笑

マリウス:え?!?!
僕が壊したの?!?!
てか、あなたちゃんは??

聡:もう、本田さんとどっか行っちゃったよ 笑

マリウス:Wow 笑

風磨:てか翼ちゃんとあなたって仲よかったんだな。

聡:知らなかったの??

風磨:まぁ。笑
松島は知ってたの??

聡:僕は、本田さんとあなたと勝利くんで
ご飯行ったことあるからね。
あの時…、確か勝利くんとあなたって
付き合ってたよね…??

風磨:…そんな時期もあったな。

マリ:なになに~??恋バナ??

ふまそう:マリウスには関係ないッ!!笑

マリ:えぇ?!?!


















作者side


勝利くんとあなたが付き合っていたという
過去が明らかに…。


知りたい人はコメ♡
コメ多かったらどこか途中で、書きます!!!!




それと、
「相変わらず、仲良しなんです。」
を書き始めました!!!!

お気に入り登録お願いします♡