無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

なんで、涙が…。
あなたside















風磨たちが消えてった後、

少し望と話したら落ち着いた。











あなた:望、話聞いてくれてありがと。

望:おん。またいつでも言ってな。

あなた:うん。

望:じゃ、楽屋戻るか。











私は望と一緒に楽屋に戻った。


勝利たちに恐怖心をいだきながら…。










風磨:あなた!!おかえり((ニコニコ

健人:…おかえり((ニコニコ

勝利:待ってたよ!!((ニコニコ


…みんな作り笑いしてる。

疲れないのかな…。







望:じゃ、俺も自分の楽屋戻るんで。

風磨:…(さっさと行けや。)

健人:は-い。じゃあね。

勝利:ありがとねー(棒)





望が出て行った後…。


勝利:…お前さ、他の男にも頼るわけ??

健人:あーあ、小瀧くんかわいそっ笑笑

風磨:…こんな男タラシに頼られて笑笑

あなた:ち、違…


私は、言いたかった。
「違う」という、たった3文字を。
でも、なぜか出てこなかった。

勝利:なにが違うんだよ!!((蹴り

健人:お前のこと信じてた俺らがバカだった((殴る

風磨:…((廊下の方を見てる。

勝利:風磨??なにやってんの??
風磨も殴りなよ 笑
俺が屋上行く前に言ってた楽しいことってこれなんだから 笑

風磨:あ…あ-、俺はいいや。



勝利:ふーん。てか、早く消えてよ((殴る

健人:さっさと辞めちまえばいいのに((蹴り


あなた:…ッ。…ッた。…はぁ。

お腹にはアザができ、
足からは血が出ていた。




あなた:…ッ。…勝利も…健人も…風磨も…。
5年も…一緒にいた私じゃ、なくて…
1年も…たって、ない…あの子の…味方、するの、?
信頼関係…、どこ、にいったんだろ…
勝利:…元々、お前と信頼関係を築いた
記憶なんてねぇよ。

あなた:…!!



この前、勝利に言われた言葉よりも、
もっと傷ついた。

なんかどん底に深い穴が空くような…。

泣きたくないのに、涙が出てくる。

なんでだろ、