無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

裏切られた。
あなたside





















屋上は、空が青く澄んでいて、
とても綺麗だった。。。




























1番の味方だと思っていた勝利に裏切られ、
私の心はどん底にあった。





















あなた:…誰を信じればいいの??((ボソッ



私はフェンスを越えて、旅立とうとした。

その時だった。。。






















??:お前ほんとアホやな 笑
ほら、おいで。
話聞いてあげてもいいで??笑













と言って誰かが腕を広げてくれた。

















私は、その腕に凄く飛びつきたかった。
そして飛びついた。































あなた:…望(泣)


腕を広げて待っててくれたのは、

ジャニーズWESTの小瀧望だった。







望とは、何回か共演経験があり、
プライベートでも仲良くさせてもらってる。










望:なにやっとんの。((よしよし

あなた:…うっ(泣)

望:大丈夫やから。な??((ぎゅ-

あなた:…(泣)

望:なんかあったん??

あなた:((首を横にふる

望:…そか。言いたくなったら言ってな。
今はこのままでええから。



その日、私は仕事なんかすっかり忘れて
望の腕の中にいた。