無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

278
2021/03/20

第15話

国見英1

青葉城西3年
神崎あなた
✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂

あなたside
私はある日一目惚れをしたんだ!
その日からいっつも、告白をしています!!


『おはよう!今日もかっこいいね!』

国見「朝からうるさいです」

こういうとことかまじで可愛いし、かっこいいよね!

『金田一くんも、おはよう!』

金田一「おはようございます!」

?「あなたちゃーん!おはよー!」

『あ!及川!おはよう!』

及川「国見ちゃん達もおはよう☆」

金田一&国見「おはようございます」

『てか、及川!また、彼女に振られたんだって?』

及川「なんでそれを!」

『飛雄から聞いたんだ!』

金田一&国見「(影山)」

キーンコーンカーンコーン

『やば!チャイムなっちゃった!じゃあね!国見ちゃん!好きだよ!』

国見「(うるせー)」






昼休み

『愛しの国見ちゃん!お昼食べよー!』

国見「うるさいです。教室で食べるのでいいです。」

及川「いたー!あなたちゃん!行くよー!」

『やだー!国見ちゃんとじゃなきゃやだー!』

(`ω´* )o―< o―д-)oズリズリ



屋上

『はぁ。』

岩泉「珍しくため息ついてるじゃねぇか。どうした?」

『国見ちゃんに全然構って貰えない。逆に、面倒くさがられてる、、、』

花巻「それは、大変だな。じゃあ国見やめて俺とどう?」

『何変なこと言ってるのwww』

花巻「おー、笑った笑った。ま、押してダメなら(引いてみろだな!」

花巻「おい!遮ってくるなよー松川!」

松川「( ´-ω- )フッ」

花巻「なんか腹立つその顔」

岩泉「明日から、告白もしない。話しかけない。逆に避けてみる。って感じか?」

及川「お!それいい!ナイスアイデアだね(´>ڡ∂`)☆」

岩泉「きめーぞクソかわ」

『明日から頑張ってみるよ!でも、私国見ちゃん不足で死にそうになるかも、、、』

及川「まぁまぁ、とりあえず我慢だよ!」

『ハ━━━ヾ(。´囗`)ノ━━━イ』





|・ω・)ノ[終]|・ω・)ノ[終]|・ω・)ノ[終]|・ω・)ノ[終]|・ω・)ノ[終]

みんなー!
久々の投稿!
スタンブちょっと変えてみたー!
どうでもいっか!
次回もお楽しみ!
バイバイ!