無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10話
空を見上げると、雲一つない晴天だった。
橋本 あなた
橋本 あなた
(私の心と真逆だな)
橋本 あなた
橋本 あなた
(いつからこんなに
曇ってしまったんだろう)
青柳 ころん
青柳 ころん
………あなた?
橋本 あなた
橋本 あなた
ころちゃ…ころんさん…?
青柳 ころん
青柳 ころん
………
橋本 あなた
橋本 あなた
…………
青柳 ころん
青柳 ころん
………腕、大丈夫?
橋本 あなた
橋本 あなた
…腕?
青柳 ころん
青柳 ころん
…殴られてたじゃん。
橋本 あなた
橋本 あなた
…大丈夫…です…。
青柳 ころん
青柳 ころん
そう。
ころちゃんが屋上から出ていこうとした。
橋本 あなた
橋本 あなた
待って!!
青柳 ころん
青柳 ころん
…ん?
橋本 あなた
橋本 あなた
あ、なんでもない……
そのまま無言で屋上から出ていった。


~~~
不意に思っただけだった。
自覚はなかった。
橋本 あなた
橋本 あなた
(あ、私、ころちゃんのこと、好きだ)
自覚と同時に、絶望が押し寄せる。
橋本 あなた
橋本 あなた
(きっと、ずっと前から好きだったんだ。出会ったときから。)
橋本 あなた
橋本 あなた
なんで好きになっちゃったんだろ…
あーあwもうめちゃくちゃだよw
涙が溢れる。
橋本 あなた
橋本 あなた
(絶対…叶わないのに、馬鹿だな、私)
屋上で一人、ぽつんと涙を流していた。



~~
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
あなたちゃん!探したよ!
俺はあなたちゃんを探していた。
あなたちゃんは、屋上で涙を流していた。
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
あなた…ちゃん…?
橋本 あなた
橋本 あなた
あ、莉犬くん…、ごめんね、変なとこ見せちゃって。
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
ううん、全然大丈夫!
静かに涙を流しているあなたちゃんを見て、不謹慎にも、きれいだと思ってしまった。
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
…何かあったの?
橋本 あなた
橋本 あなた
ううん、全然。大丈夫だよ。
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
…俺じゃ、頼りないかな…?
橋本 あなた
橋本 あなた
……………
しばらく沈黙が続く。
橋本 あなた
橋本 あなた
…今から言うことは、全部独り言だから。気にしないでね。
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
………うん。
橋本 あなた
橋本 あなた
私ね、好きな人が居るの。
って言っても、
絶対嫌われてるんだけどねwなんで恋なんかしちゃったんだろうって…。めんどくさいことになるだけなのにねw
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
…………
橋本 あなた
橋本 あなた
自覚したと同時に、絶望が押し寄せてきて、我慢できなくて泣いちゃった。
橋本 あなた
橋本 あなた
出会ったときから、ずっと好きだったんだと思う。
橋本 あなた
橋本 あなた
変な話してごめんね。
教室戻りましょう。
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
………俺は…。
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
俺は、
あなたちゃんのこと、好きだよ。
思わず言ってしまった。
言う予定じゃなかった。
俺の目に涙が溜まっている。
橋本 あなた
橋本 あなた
…そっか。ありがとう。
そう言って笑いながらまた、涙を流した。
赤羽 莉犬
赤羽 莉犬
フッ…グスッ…グスッ…
橋本 あなた
橋本 あなた
莉犬くん…グスッ…ごめんねグスッ
その日は、屋上で二人、大泣きした。



~~
青柳 ころん
青柳 ころん
はぁ…
僕だって、いじめたくてあなたをいじめているわけじゃない。
青柳 ころん
青柳 ころん
…………好き
橙川 ジェル
橙川 ジェル
何が?
青柳 ころん
青柳 ころん
え、いや、なんでもないよw
黒沢 るぅと
黒沢 るぅと
ころちゃんのことですから、バナナが好き、とか思ったんじゃないですかw
桃山 さとみ
桃山 さとみ
wwwwww
青柳 ころん
青柳 ころん
誰が猿だよww
橙川 ジェル
橙川 ジェル
言ってねぇよww
青柳 ころん
青柳 ころん
…っていうかさ、ここ1~2ヶ月くらい、すとぷりみんなで集まって放送とかしてないよね。
桃山 さとみ
桃山 さとみ
うん、まぁ、なーくんたちあなたの方についてるからな…。
黒沢 るぅと
黒沢 るぅと
そうですね…。
橙川 ジェル
橙川 ジェル
あなたのせいで…すとぷりが…
青柳 ころん
青柳 ころん
(…あなたのせい…なのかな)
桃山 さとみ
桃山 さとみ
やばい、余計ムカついてきたw
黒沢 るぅと
黒沢 るぅと
僕もですww
橙川 ジェル
橙川 ジェル
また呼び出す?w
青柳 ころん
青柳 ころん
あのさw暴力じゃないやつにしない?w証拠になっちゃうよあざとか
黒沢 るぅと
黒沢 るぅと
確かに…
ころんにしては冴えてますね
青柳 ころん
青柳 ころん
ひどいよw
…あなたと、また一緒にゲームをやりたい。
あなたと、遊びたい。話したい。
勇気のない僕を…許して…あなた…。







~~~~~~
作者
作者
段落、大活躍じゃん。
お前がこき使ったんだろうがよ。
作者
作者
今回、あんまりいじめ要素はなかったね。あんまり心が痛くなかった。
え、いつも心を痛くしてお話書いてたの?
作者
作者
うん。だって、あなたちゃんがいじめられてるんだよ…?
まぁ、そうだね…。
それでは次回もお楽しみに✨
作者
作者
ではでは〜!