無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

情愛
前の続き〜!
おてて目線。



本編スタート!





撮影の準備時間。




少しだけ気まずい空気が流れる



さっきじんたんが
じんたん
愛を確かめよう!

なんて言うから、


緊張で上手く喋れない。





____ねぇ、君は俺のこと好きなの?


これからパートナーになるというのに、
じんたん
ねぇ、愛を確かめるって何する?
テオくん
か、考えてないの?

ぁぁああ、上手く喋れない。
じんたん
えと、うん。

愛を確かめる、かぁ...
テオくん
とりあえず触れ合ってみる?
じんたん
うん、

き、気まずい....



カチッ



カメラの撮影ボタンを押す。



じんたん
えっと、じゃあはいっ!
じんたん
愛を確かめます!w
テオくん
って言っても触れ合うだけよ?笑
じんたん
そうそう!笑

今日は編集のたくまもいない、
正真正銘2人っきりだ。
じんたん
じゃっ、まずぎゅっしよ?

え、何、ぎゅっって可愛い←
じんたん
テオくん、ぎゅってして?

やばいやばいやばいやばいやばい


理性が飛びそう
テオくん
わかった!w
テオくん
はい、ぎゅっ

俺たちは抱きしめ合う。


そう、ただそれだけのことなのに


嬉しくて、じんたんの温もりに溺れたくて。



いい匂い、

抱きしめた時にふわっと香るじんたんの匂い
テオくん
好きだなぁ、
じんたん
んっ?何が?

抱きしめられたままじんたんは聞く
テオくん
じんたんの匂い。
じんたん
えっ、なにそれ照れるやん!///


可愛いなぁ。




そんなに顔を赤らめて、

期待....してもいいの?




テオくん
じんたん、
じんたん
なぁに?
テオくん
いつまで、やるの?笑
かれこれ五分ほど抱き合った状態
じんたん
いや、なんか落ち着くなぁって笑
テオくん
そっか
じんたん
もうちょっとこのままでいい?
テオくん
いいよ、全然。
じんたん
ありがと、


何か辛い事でもあったのかな、

俺たちは何も話さない

でもその時間も心地よくて。




あと2日後には主従関係になるのに。



でも、
 今はゆっくりと愛を確かめ合うのもいいと思うんだ。



終わりんご!
あと数本でSMと考えると胃が...w
書くの難しいよね。。
ではでは!
end。