無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
78
2021/02/28

第3話

ep_3 年下君と同居したら起こる事




ㅤzyuno
ㅤzyuno
 ぬな 、  













ㅤzyuno
ㅤzyuno
 僕にしなよ 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







🏡






ㅤzyuno
ㅤzyuno
 ぬなはここの部屋 ど ー ぞ 











酔いが回って来たせいか





ジュノ君の車にあっさり乗ってしまい





正気に戻ると ジュノ君宅 に到着していた













落ち着いた色合いで 家具も少ない シンプルな部屋は





ジュノ君らしさで溢れていた .














でも 何だか申し訳なくて


ㅤ
 … 、ジュノ君  やっぱり 











“ 迷惑なんてかけられない ”







そう言おうとした







でもその言葉は 遮られて











ㅤzyuno
ㅤzyuno
 ぬな ~ ?  
















ㅤzyuno
ㅤzyuno
 迷惑じゃないから 安心して下さい 












胸が高鳴ったのは










弱った心とお酒のせい .

























ㅤ
 、ありがと  


ㅤzyuno
ㅤzyuno
 どういたしまして  










ㅤzyuno
ㅤzyuno
 ぁ 、お風呂 先にどうぞ 


ㅤzyuno
ㅤzyuno
 濡れてたし 、風邪引きますよ 


ㅤ
 ジュノ君は 、? 


ㅤzyuno
ㅤzyuno
 僕は後で大丈夫ですから 、ね ? 


ㅤ
 ごめんね …  





“ いいんですよ 、年下だしㅎ ”









そう言って 爽やかに微笑んだ ジュノ君は







お風呂場まで案内してくれた









ㅤ
 ぁ   待って ジュノ君 、洋服 … 


ㅤzyuno
ㅤzyuno
 ぁ ! 








急いで家を出た私は 着替えを持ち合わせていなくて









勿論 .ジュノ君の家に女物の洋服なんてあるはずも無く















ㅤzyuno
ㅤzyuno
 僕ので良ければ 、置いておきます 


ㅤ
 … すみません 


ㅤzyuno
ㅤzyuno
 また謝った ー  


ㅤzyuno
ㅤzyuno
 次謝ったら 怒りますよ  







そう言って脱衣場を出ていった .




















🛁






ㅤ
 ふぅ 



ㅤ
 … 変なの 







頭の中では






『 好きな人を放っておけるほど




           最低な奴じゃないし 』







この言葉が何度も繰り返されていた .









ㅤ
 きっと聞き間違い 、 







そう自分にいい聞かせてお風呂を出て






ジュノ君の用意してくれていた洋服に着替える










ちょっぴり だぼっとしているけど 仕方が無い















ㅤ
 ジュノ君  …  風邪ひいちゃう 








そう思って ジュノ君の居る リビングへと走っていくと








ㅤzyuno
ㅤzyuno
 、、! 


ㅤ
 ジュノ君 、おふ … ぇ 



















気が付けば ジュノ君の腕の中








すらっとした見た目からは分からないけど






意外にも筋肉 が しっかりと付いていて










年下とは言えども 男の人 ” だった .


















ㅤ
 どうしたの … ? 、  





訳が分からず そう聞いてみると
















ㅤzyuno
ㅤzyuno
 ぬな 、 



































ㅤzyuno
ㅤzyuno
 僕にしなよ 








ジュノ君 の 腕の力が強まったのを感じた