無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,338
2018/09/23

第32話

分かってるけど
雨宮〇〇
雨宮〇〇
れ、廉?
永瀬廉
永瀬廉
こんなことしたあかんって分かってるけど…
永瀬廉
永瀬廉
行って欲しくない…
雨宮〇〇
雨宮〇〇
でも…
永瀬廉
永瀬廉
ゴメン…応援するって決めたのに…
永瀬廉
永瀬廉
でも何時も辛そうなあなたや、しょうの事で悩んでるあなた見たら耐えられへん
雨宮〇〇
雨宮〇〇
え、
永瀬廉
永瀬廉
俺…俺な
永瀬廉
永瀬廉
お前のこと好きやってん
永瀬廉
永瀬廉
会ったときは、何やこいつって思ってた…でも話したりするたびに好きになってた…
永瀬廉
永瀬廉
俺の回りには猫被ったりする人がいっぱいやし、ちょっと嫌やってんでもあなたは違うやろ、いっつも明るい笑顔で元気にこっち向いててくれる
永瀬廉
永瀬廉
最初にしょうの事で泣いてた時も…
ほんまは俺のこと頼って欲しかった。
永瀬廉
永瀬廉
何でしょうなんや、何で俺じゃ無いんかなってずっと考えてて…
永瀬廉
永瀬廉
俺はしょうには勝たれへんか?
雨宮〇〇
雨宮〇〇
廉…
永瀬廉
永瀬廉
俺が守りたい
雨宮〇〇
雨宮〇〇
ゴメンね…でも私は
雨宮〇〇
雨宮〇〇
あのね私、しょうにもう恋しないって言っちゃったの
永瀬廉
永瀬廉
うん、知ってるで
雨宮〇〇
雨宮〇〇
それでも、心の隅っこの方にまだしょうのことが忘れられなくて…
永瀬廉
永瀬廉
……
雨宮〇〇
雨宮〇〇
バカだよね…あっちはとっくに忘れて新しい恋してんのに
雨宮〇〇
雨宮〇〇
でも、どうしてもまだ絶対に記憶を取り戻すって信じちゃう自分がいて…
永瀬廉
永瀬廉
そっか…
雨宮〇〇
雨宮〇〇
だから、廉とは付き合うことはできません…ゴメンね
雨宮〇〇
雨宮〇〇
でも、告白してくれて嬉しかったよ♪
永瀬廉
永瀬廉
しょうはええなぁこんな可愛くて優しい女の子に好かれて
雨宮〇〇
雨宮〇〇
そんなこと無いよ…廉も素晴らしい男の子だよ
永瀬廉
永瀬廉
ありがとうなそう言ってもらえて嬉しいわ
雨宮〇〇
雨宮〇〇
これからも宜しくお願いします!!
永瀬廉
永瀬廉
おう、宜しくな
永瀬廉
永瀬廉
あとさ、告ったからって気まづくならんといてな普通にしゃべってや
雨宮〇〇
雨宮〇〇
うん、分かった!
永瀬廉
永瀬廉
じゃあ、しょうの所行き
雨宮〇〇
雨宮〇〇
あ、うんありがとう廉
早く、しょうの所に行って誤解解かないと!!



《廉side》
はぁ、カッコつけちゃった…ホンマは行って欲しくなかったのに
まぁ友達の為やし、しゃあないか…
友達の大切なもんは、奪わへん所が良いところ何かな……?
こんなったからには、アイツらを絶対元通りにしないとな



《あなたside》
雨宮〇〇
雨宮〇〇
はぁ、はぁ
もう、どこ行ったんだよぉ
しょーうー!
雨宮〇〇
雨宮〇〇
あ、……
私の目の前には…キスしてる男女二人



え…


しょうとあやさん?
雨宮〇〇
雨宮〇〇
やっぱそうか…そうだったんだね
平野紫耀
平野紫耀
あ、え!
雨宮〇〇
雨宮〇〇
あ、失礼しましたっ…   ダッ)
平野紫耀
平野紫耀
おい
バレた…あやさん綺麗な人だったなぁ私には到底とうてい叶わない…
雨宮〇〇
雨宮〇〇
はぁ、もう今は頭が回らん!!
雨宮〇〇
雨宮〇〇
どうしよー↓
雨宮〇〇
雨宮〇〇
病室戻るか……
私は運が悪すぎるよ…



ズキンっ
雨宮〇〇
雨宮〇〇
うっ…
雨宮〇〇
雨宮〇〇
はぁ、はぁ、痛い…    誰か…
さっき無理して走ったせいかな
雨宮〇〇
雨宮〇〇
バタンッ
??
おいっ大丈夫か!?
??
おいっ