無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

監禁生活1日目(夜)
風鳴翼
風鳴翼
雪音…大丈夫…か?
雪音クリス
雪音クリス
かろうじて…
風鳴翼
風鳴翼
目が霞むな…
雪音クリス
雪音クリス
そうだな…
風鳴翼
風鳴翼
逃げたいが…
雪音クリス
雪音クリス
こんな状態じゃ…逃げたらすぐ捕まるな…
風鳴翼
風鳴翼
彼処に、天羽々斬とイチイバルのペンダントを取れば…
雪音クリス
雪音クリス
だが…鎖で繋がれた状態でどうするんだよ…
風鳴翼
風鳴翼
それもそうだな…
強引にでも鎖を断ち切るしかないようだ
雪音クリス
雪音クリス
でもあいつらにバレたら…
風鳴翼
風鳴翼
容赦なく私達のことを殺しにかかるだろうな…
雪音クリス
雪音クリス
もう逃げれる隙を探す余地は無さそうだな…
風鳴翼
風鳴翼
諦めるな…雪音…
雪音クリス
雪音クリス
だが…逃げる術はあるのか?
風鳴翼
風鳴翼
何処かに抜け出すヒントがあるはずだ!
雪音クリス
雪音クリス
声が大きい!あいつらにバレ…ひっ!?
風鳴翼
風鳴翼
雪音…何を…きゃ!?
クリスの背後から抱きしめるコウの姿があった
無神コウ
無神コウ
何を話してるのかと思ったら脱走の話?
雪音クリス
雪音クリス
や…やめ…
翼の隣にいつの間に居たライト
風鳴翼
風鳴翼
あんた…いつの間に…きゃ!?
逆巻ライト
逆巻ライト
酷いなぁ…逃げようとするなら…僕達も本気出そうかな…?
風鳴翼
風鳴翼
逃げるだなんて…一言も…キャッ!?
逆巻ライト
逆巻ライト
そうかな…?じゃあ…これ付けてよ…?
それは…嘘ついたら自動的に首が絞まるようになってるの…
雪音クリス
雪音クリス
私達が嘘ついたら首が絞まる…?
無神コウ
無神コウ
そういう事♪
風鳴翼
風鳴翼
じゃあ…嘘をつき続けたら…
逆巻ライト
逆巻ライト
君たちは死んじゃうね…苦しみながらね…
雪音クリス
雪音クリス
そんなの嫌だ…
無神コウ
無神コウ
だったら嘘をつかなきゃ良いんだよ…?
逆巻ライト
逆巻ライト
そういう事♪
風鳴翼
風鳴翼
嘘を着いた覚えなどない…
雪音クリス
雪音クリス
そうだ…私達は真実を話している…
そう言うとライトとコウに手枷を外して欲しいと頼むが見事に断られた。
頭に電撃ヘッドを付けられて、
電撃攻撃を食らってしまう。
風鳴翼
風鳴翼
っッア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!
雪音クリス
雪音クリス
くっ…ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!
逆巻ライト
逆巻ライト
ふふっ♪苦しそうな表情だねぇ…
逆巻ライト
逆巻ライト
でもそういうの僕は大好きだよ…?
無神コウ
無神コウ
クリスちゃん…可愛い…もっともっと弄りたい…
逆巻ライト
逆巻ライト
ボクも、翼ちゃんの苦しい顔を見ながら弄れるなんて…こんな楽しいこと滅多にないからねぇ…
風鳴翼
風鳴翼
はぁ…っはぁ…っ…はぁッ…
雪音クリス
雪音クリス
はぁ…はぁ…はぁ…ッ…
クリスと翼は苦し紛れに倒れて
逆巻ライト
逆巻ライト
んふっ♪じゃあ遠慮なく……♪
無神コウ
無神コウ
可愛い声出してね?
昼と同様にクリス、翼につけた首輪を外しては首筋を噛んで血を吸っていく。
風鳴翼
風鳴翼
雪音…ッ
雪音クリス
雪音クリス
先輩…ッ!!
逆巻ライト
逆巻ライト
次は嘘をつかないでね?
無神コウ
無神コウ
ついたらお仕置きだからね
そう言いまたライトとコウは部屋を出て行った