無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

監禁生活2日目(夜)
風鳴翼
風鳴翼
私は…防人としての生き方を見間違ったのか…?
私は…大事な人を2人も失ったと言うのに…
何故…助けられなかった。
私の力で助けられた命を…
雪音クリス
雪音クリス
私もだ…生き方を間違えたのも同然…
2人を喪う悲しさ憎さ寂しさ…
全てが洪水のように押し寄せたんだ…
風鳴翼
風鳴翼
もし立花が居たら此処で生きるの諦めないでって…言ってたな…だが…今は…其の声さえも…
聞こえなくなった…
雪音クリス
雪音クリス
未来のあの優しい笑顔…それも見れないなんて…
2人の瞳には光が無くなり…
闇に堕ちたシンフォギア装者になった。
逆巻ライト
逆巻ライト
良い感じに闇に堕ちたねぇ…翼ちゃん…
仲間なんてどうでもいいでしょ?
風鳴翼
風鳴翼
あぁ…仲間なんて私には必要ないからな…
私は1人で十分に闘える…
無神コウ
無神コウ
クリスちゃんもさっきの威勢が完全に消えちゃって闇に堕ちたみたい…♪
雪音クリス
雪音クリス
なんの事か…さっぱり…私だって1人で十分に闘える実力なんだよ…!
逆巻ライト
逆巻ライト
じゃあコウくん…
無神コウ
無神コウ
やっちゃいますか…♪
そう言い、いつものように吸い始める。
いつも嫌がる2人が嫌がらないのは
闇に完全に堕ちていったからである。
痛みが快楽へと変わっていった。
苦しみから開放されるという安心感…
そして、脱出を諦めた2人。
ライトとコウは翼とクリスが倒れるまで
血を吸っていった。
風鳴翼
風鳴翼
あはは…もうダメ… … …
雪音クリス
雪音クリス
はは…なんか疲れたよ…視界が霞むな…はは…
そして2人は意識を失い倒れて
監禁生活2日目は終わった…
「私達は…もう限界が来ているようだ…誰か…!誰か…!この檻から出して!お願い!この子達は冷たく冷ややかな氷のような茨の檻から…!早く!助けて!お願い!」
今の翼とクリスの心の叫びだ…

彼女たちに輝きの未来は見据えているのか
それとも輝きの未来は閉ざされて、闇の奥深くまで引きずり込まれるのか…
それはまた次回…
次回予告
「闇に染まった翼とクリス」

お楽しみに!