無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

闇に染まった翼とクリス
その頃2人がいない対策本部S.O.N.G.は
2人の捜索を進めていた。
対策本部に1本の電話がかかってきた。
それは犯人であるライトとコウである。
逆巻ライト
逆巻ライト
対策本部S.O.N.G.の皆さん、ごきげんよう~♪僕らがこの事件の犯人だよ♪
無神コウ
無神コウ
風鳴翼ちゃんと雪音クリスちゃんはこっちでもちゃーんと世話してるから問題ないよ♪
危害なんて加えてなんかないよ♪
友里 あおい「なんですって!貴方達が翼ちゃんとクリスちゃんを攫ったのね!2人は今何処!」

風鳴弦十郎「あおい!どうした!」

友里 あおい「今2人を連れ去った犯人から連絡が入りました!モニターに出します!出しました!」

風鳴弦十郎「こいつらがか…?」

エルフナイン「お2人を返してください…!じゃないと僕は許しません…!」
無神コウ
無神コウ
そうしてあげたいけど…もう手遅れだよ…
逆巻ライト
逆巻ライト
あの二人闇に堕ちているから…♪
エルフナイン「そんな…嘘ですよね…あの二人が闇に堕ちるなんてありえないです。」
逆巻ライト
逆巻ライト
2人を助けるなら、僕達の屋敷に来ると良いよ…
無神コウ
無神コウ
じゃあまた屋敷で逢おうね。
そそう言い通信が消えた。

その頃翼とクリスは屋敷の中で泣いていた…

目に光がないが、少しだけ自我があるようで


風鳴翼
風鳴翼
立花達に逢いたい…私達は何をやっているんだ…
雪音クリス
雪音クリス
先輩、それは私も同じですよ…

助けを呼べるわけもないのに

ただ泣いているだけなんだから…
風鳴翼
風鳴翼
雪音…私達は何をするべきなんだ…
雪音クリス
雪音クリス
それは…分かりませんよ先輩…
2人は只、助けを求め抗い続ける。
全ては此処から脱出する為に
━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━
次回
「2人の脱出への道①」