無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

監禁生活2日目(朝)
2日目の朝、本来ならばクリスは学校へ行く日なんだのだが…
雪音クリス
雪音クリス
学校…どうすれば良いんだよ…
風鳴翼
風鳴翼
立花達が気づいてくれれば良いんだが…
その頃、ライトとコウは翼とクリスに
次は何をしようかと考えていた
逆巻ライト
逆巻ライト
コウ、あの二人結構根性のある子達だよね…
無神コウ
無神コウ
ライトくん、女の子はもっともっと虐めないと…そうせれば怯えが止まらなくなるよ♪
逆巻ライト
逆巻ライト
流石、コウって何か凄いね、僕には真似出来ないよ…
無神コウ
無神コウ
もっともっと闇に引きずり込ませる方法…
あるよ偽の殺害動画見せて仲間が殺されてくのを見させて一気に闇に墜ちるよ…♪
逆巻ライト
逆巻ライト
それはボクたちがあの子たちの仲間を
殺ってる所を見せるのかな?
無神コウ
無神コウ
そーゆーこと♪
偽物の動画を作り翼とクリスの居る部屋に
移動するライトとコウ。
ライトは立花響のコウは未来の偽物の殺害の動画を作った端末を持って行った。
雪音クリス
雪音クリス
先輩…なんか声聞こえなかったか?
風鳴翼
風鳴翼
きっと気の所為だろう…
━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━
続く