無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

722
2021/06/13

第9話

きよこた
こたside
「いぢがわぐぅぅぅんグズッ」
「はいはい」
「きよはやっぱ僕なんて好きじゃないのかな
僕のこと重いって思ってるかな
僕に飽きたのかな…グズッ」





すると
「そんなこと思ってたん?」




と後ろから大好きな人の大好きな声が聞こえバックハグされていた



「早く部屋戻んな
俺はさつきが来んの〜」



「市川くんありがとう😊
さっちゃんにもお礼しといて」





きよの部屋にて

「なぁこた?」
「俺はこたのこと好きやで//」





「僕も…好き」




ちゃんちゃん!!!!
次はおまけです!
テスト前なので遅いかもです