無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

15
2021/08/31

第9話

No.08 ヒロイン
『じゃあ、毎日来たら友達になってくれる?』
あいつ(楓愛)の言葉が頭をグルグルと回る。
加賀美 圭
一睡もできなかったよっ!!
ネコがモチーフになっているゲーム機を手にLスティックを強く押し、相手を倒した。
〔WIN〕と示されたパソコンを前にため息が1つ。
加賀美 圭
(って俺、なに溜息ついてんだよ!あいつ(楓愛)なんて俺と関わっちゃいけないんだ…)
加賀美 圭
毎日来るとか言っといて、全然こねぇじゃん……
俺より大きいクマの人形を抱いてベッドに寝転ぶ。
別に拗ねてるわけではない…多分。


ガチャッと勢いよくドアが開く。
榊 楓愛
圭くん!!!
加賀美 圭
楓愛!?(あ、ヤバい名前呼び…)
ドアの先には明るい光、その光を後ろで浴びる楓愛。本当にこいつ(楓愛)は来た。
ヒロインを助けるような展開。それを実現させるこいつ(楓愛)に俺は惚れしまったのだろうか。そんなことは認めたくない。
そいつ(楓愛)は勢いよく俺に抱きつく
加賀美 圭
!?ちょ………っ…おまっえ
榊 楓愛
今…楓愛って……
加賀美 圭
勘違いだ!!聞き間違えだ!!
加賀美 圭
だけど…これから楓愛って呼ぶ……
楓愛に抱きつかれた背中をギュッと包んで、俺は改めて思った。


俺は楓愛に惚れてしまったんだ。