無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

14
2021/08/31

第10話

No.09 縄跡
圭くんは小さな手で私の背中を抱きしめてくれた。
私は、その時圭くんの首元の髪を少しずらして見てみると、そこには……
榊 楓愛
(縄跡)
青黒くところどころ内出血している縄跡は首にあるということからして…
自殺…
加賀美 圭
?楓愛、お前なにか隠してねぇか?
加賀美 圭
心臓の音が変だ……変っていうか……
加賀美 圭
生きてない。
圭くんは心臓を聞いた様子もなく、背中に手を回しただけなのに心臓の音が分かるみたいだ
彼は嘘をついてない。表情に嘘がない。
榊 楓愛
私、生きてないのかな?
加賀美 圭
そ、そんなのダメだ!!
圭くんは私を押して距離を保った。なにが駄目なんだろう?
加賀美 圭
楓愛は生きないとダメだよ
榊 楓愛
ねぇ、圭くん。
加賀美 圭
なんだ?
榊 楓愛
君は幽霊なの?