第9話

Obsessive lover.6
3,911
2020/07/03 12:25
(※注意。非道徳的な表現を含みます←)


正直、あなたが可笑しそうに、
佐倉あなた
身を委ねるってw
と言っているのを見て、僕の心が醜く歪んだ。
もしかして、本気で捉えてないの?
時透無一郎
時透無一郎
……何?
あなたは僕に委ねてくれない訳?
強い口調で言うと、あなたはかなり驚いた顔をして見せた。
佐倉あなた
そ、そんな事はないよっ?
焦ったように、あなたはそう言う。


あーあ、やっぱり僕達って『そんな物』だったんだ。


失望しちゃったよ。


もっともっともっともっともっと……あなたから求められたい。


だから──胸の内に秘めた想いや、事実を全て吐き出す事にした。
時透無一郎
時透無一郎
ホント?
僕のアイをちゃんと受け止めてる?
キミは僕が見たところ『愛されたい症候群』を患ってるでしょ?
ずばり、言い当てれたのだろうか。
あなたは顔を紅くして、こう言う。
佐倉あなた
……な、なんでっ、
き、気付いたの──?
時透無一郎
時透無一郎
キミの事がスキだから、だけど
実は──最初から、気付いていた。
この子には『愛』が足りない、と。


彼女は、虚無で寂しく、白い世界に1人突っ立っているように見えた。
時透無一郎
時透無一郎
そういう、キミに惹かれたんだ
満たしてあげたかった。満たされたかった。
あなたを心の底から好いているから。
佐倉あなた
……そっか
『愛されたい症候群』は、恋人に何をされても許しがちなんだとか。


だから──それを悪用させてもらうよ?
時透無一郎
時透無一郎
今日はね♪こんなの持ってるんだよ
僕は笑って、彼女に『縄』を見せつける。
これで、何するかは──分かるよね?
佐倉あなた
…………!!
時透無一郎
時透無一郎
どうしよっか♡
SMしちゃう?なーんてね
まぁ、そこまではしないけど──。


あなたには、僕が満足するまで美しい''飾り''になって貰おうかな……?
佐倉あなた
っ……む、無一郎くんっ、やめてっ
もう誰も止められない。止まらない。
僕のあなたへの、恋情が──。
時透無一郎
時透無一郎
綺麗だよ、あなた♡
こういう姿が、やっぱり1番だね
あなたの服の上から、亀甲縛りをしているのだ。


せいぜい1人で足掻くんだね。


これで──いつもは絶対泣かないあなたが『やめて』と懇願する表情カオが見たい。
佐倉あなた
そっかぁ……これも愛なんだよね?
愛してるが故なら、いいよ
あれ……?思った反応と違うなぁ。まぁ、いいか。
時透無一郎
時透無一郎
うん、そうだよ、あなた
どんどん壊れていく僕らは、もう、後戻りすらも出来ないのかもしれない──。

ーNEXTー
作者
作者
狂っていく感じ、好きッ((
次もよろしくお願いしますっ!!

プリ小説オーディオドラマ