無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

376
2020/11/07

第5話

雄英高校



A組
「ねぇねぇ 今日って転校生来るんだよね!」
「そうなの?!」
「そうなのか!?」
「女子かな?」
「男子かも!」
「美人だといいな〜」
「イケメンだといいな〜」
「あいつら何話してんだぁ」
「今日来る転校生の話だよ」
「なんだ 爆豪も気になんのか!」
「うっせー クソ髪黙ってろ」
「ウィッス」
相澤先生(イレイザーヘッド)
相澤先生(イレイザーヘッド)
お前ら 席つけー
「はーい」
相澤先生(イレイザーヘッド)
相澤先生(イレイザーヘッド)
転校生が来た
「がっぽーい(学校ぽいの略)」
???
先生!女子ですか!それとも男子ですか!
相澤先生(イレイザーヘッド)
相澤先生(イレイザーヘッド)
女子だ
???
(´⊙౪⊙)۶ッッッッィィィィイイイイヨッシャアアアアァァァァ!!!!
相澤先生(イレイザーヘッド)
相澤先生(イレイザーヘッド)
入って来い
あなた

えっと キメツ学園から転校してきた如月 希音です。
好きな人は 仲間のみんなで、
嫌いなことは 裏切りです。
喋りかけるのそんなに得意じゃないから話しかけてくれたら嬉しい。
よろしくね。

「よもやだ!」
ビクッ
???
なんだなんだ
???
誰の声?
???
B組から聞こえてきたよね











ガラガラ
???
え!如月さんどこ行くの!
あなた

どこってB組、転校してきたやつ私の知り合いだからちょっとしばいてくる。

???
え!?
バシーン
あなた

杏寿郎うるさい。みんなに迷惑かかるからやめろって私言ったよね。

煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
すまない!以後 気をつける!(声のボリュームを少し下げる)
あなた

んじゃうち戻るから。

相澤先生(イレイザーヘッド)
相澤先生(イレイザーヘッド)
おい 如月。勝手にどこでも行くな。
あなた

すみません 放っておくと授業中ずっとうるさくなる気がして…

あなた

それと 私の席って何処でしょうか?

相澤先生(イレイザーヘッド)
相澤先生(イレイザーヘッド)
切島の横だ。
あなた

切島?

???
如月さーん!こっち!俺の横!
切島鋭児郎
切島鋭児郎
俺 切島鋭児郎!よろしくな!
あなた

よろしくお願いします。(私の初恋の人にそっくり…)



キーンコーンカーンコーン
〜〜HR終了〜〜
???
如月さーん!私芦戸三奈!よろしくね!
あなた

芦戸さんですね。覚えました。よろしくお願いします。

芦戸三奈
芦戸三奈
硬っ!タメでいいよ!それと芦戸さんじゃなくて三奈って呼んで!
あなた

わかった。よろしくね 三奈!

バーン💥
爆豪勝己
爆豪勝己
おい!希音てめぇ!雄英は行かねぇって言ってたじゃねぇか!なんで来やがった!
A組「名前呼び!?」
あなた

なに?私が来たらダメなわけ?あ そっかー!私が来たら勝己 1番じゃ無くなっちゃうからねー

爆豪勝己
爆豪勝己
あ゙ぁ!んだとてめぇ!
緑谷出久
緑谷出久
ちょっとかっちゃん!やめてよ!
緑谷出久
緑谷出久
久々に会えたのにさ!
緑谷出久
緑谷出久
それと希音ちゃんもあんまりかっちゃん煽んないで!
あなた

りょうかーい

爆豪勝己
爆豪勝己
んで てめえに指図されなきゃなんねーんだ クソナード!
芦戸三奈
芦戸三奈
ちょ ちょっとなんで3人とも名前呼びなの!?
あなた

幼なじみなの〜

芦戸三奈
芦戸三奈
へ!?幼なじみ!
緑谷出久
緑谷出久
う うん…
ガラガラ


「HRは終わってしまいましたか…」
「ヤオモモ遅刻?」
「いえ 教室に入った後、先生方のお手伝いをしていたら遅れてしまって…」
八百万百
八百万百
あ!希音!(´。>ω(•ω•。`)ぎゅー
あなた

百!(´。>ω(•ω•。`)ぎゅー

八百万百
八百万百
お久しぶりですわ!転校生は希音だったのですね!
あなた

久しぶり〜
うん そうだよ〜
相変わらず可愛いね!

八百万百
八百万百
希音は相変わらずですね
あなた

え それ褒めてる、貶してる?どっち?

八百万百
八百万百
どっちもです
芦戸三奈
芦戸三奈
待って そこ2人も知り合いなの!
八百万百
八百万百
従姉妹ですわ!
???
情報量が多すぎて理解出来へん…
八百万百
八百万百
お茶子さん
麗日お茶子
麗日お茶子
えっとー 如月さんは 爆豪君とデク君と幼なじみでヤオモモと従姉妹ってこと?
あなた

デク?あぁ 出久のこと。はい 合ってますよ。

麗日お茶子
麗日お茶子
タメで話そ!なんか敬語って壁を感じる!
あなた

わかった よろしくね お茶子!

麗日お茶子
麗日お茶子
うん!よろしく!