無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

144
2020/09/06

第2話

家での続き…黒尾
お風呂の中
斎藤春香
斎藤春香
はぁ疲れたってちょードキドキ
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
誰にドキドキしたの❓笑笑
斎藤春香
斎藤春香
えっ
なんでもないから閉めて❗️
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
いやおれも
もう一回お風呂入るから
斎藤春香
斎藤春香
今⁉️
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
今以外にいつ入るの?笑笑
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
はーいずれてください
斎藤春香
斎藤春香
えっ
無理やり入ってきた…
斎藤春香
斎藤春香
クロ狭い
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
いいじゃん
もっとくっつこうぜ
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
仕方ねーな
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
よいしょ
黒尾は春香の事を軽くお姫様抱っこした
斎藤春香
斎藤春香
やだはずい照
だってイケメンがこんな近くでいたら
目があった瞬間死ぬ…
俺もこらえてはいるけどこの照れ顔が
半端なく可愛いい…
黒尾は、優しく春香のことをベッドに
おろす
斎藤春香
斎藤春香
ありがとう…
斎藤春香
斎藤春香
クロっ今日私床で寝るからベッドで寝て…
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
いやいや女の子床には寝かせられない…
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
だから一緒に寝よう
せっかくだから…
斎藤春香
斎藤春香
ゎわかった