無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

132
2020/09/06

第4話

私のすきな人は私が好きな人赤葦京治
私は、隠れモテの赤葦が好きです。
でも、赤葦もあなたの事が好き
だけど自分たちをお互いに傷つけ
あってしまうそんなお話です。



放課後
斎藤春香
斎藤春香
赤葦〜勉強教えてー
赤葦京治
赤葦京治
しょうがないですね…
赤葦京治
赤葦京治
いいですよ
斎藤春香
斎藤春香
ありがとう
じゃこのまま赤葦のいえに行こう‼️
赤葦京治
赤葦京治
そうですね
でも、春香さんの家でなくて
いいのですか⁉️
斎藤春香
斎藤春香
うんそのままの方が、赤葦も
楽でしょ?
赤葦京治
赤葦京治
まぁそうですけど
赤葦京治
赤葦京治
では、帰りは送ります
斎藤春香
斎藤春香
じゃ赤葦のいえに行く意味ないじゃん
赤葦京治
赤葦京治
いいんですよ
赤葦京治
赤葦京治
では、いきましょう
はぁー赤葦のいえ、もうこれで5回目
だけどやっぱり緊張する


春香さん可愛い昨日片付けして
正解だつたな〜

赤葦のいえ到着
赤葦京治
赤葦京治
2階の僕の部屋わかりますよね❓
斎藤春香
斎藤春香
うん
赤葦京治
赤葦京治
行っててください
斎藤春香
斎藤春香
OK
春香は、赤葦のへやをいつも探検している
赤葦京治
赤葦京治
お待たせしました
斎藤春香
斎藤春香
おぉー
待った待った
赤葦京治
赤葦京治
では、勉強始めましょう
斎藤春香
斎藤春香
うん❗️



〜勉強中〜

〜終了〜
斎藤春香
斎藤春香
赤葦本当にありがとう
これで完璧
赤葦京治
赤葦京治
いえいえ
私の出来る限り教えただけですから…
斎藤春香
斎藤春香
あか赤葦ってさ
す、好きな人いるの?
春香が照れながら言う
赤葦京治
赤葦京治
いますよ
好きな人の目の前で赤葦は照れるのを
我慢して言った
斎藤春香
斎藤春香
そうなんたー
斎藤春香
斎藤春香
どんな人?
赤葦京治
赤葦京治
そうですね
赤葦京治
赤葦京治
もう言い切れないんですが…
可愛くて、結構男子からモテていて
でも、優しくて
私の手に届かないくらいの人です
斎藤春香
斎藤春香
そっかーしっかり好きなんだね〜
赤葦京治
赤葦京治
そうですね
春香は赤葦の好きな人が自分だと
信じたかったが自分と違うところが
多かったため自分ではないと判断してしまった


春香は泣くのをぐっとこらえる
斎藤春香
斎藤春香
じゃあ帰るね
赤葦京治
赤葦京治
私送ります…
ってなんで泣いているんですか?
斎藤春香
斎藤春香
えっ
春香は自分が涙を出している事に気づいた
斎藤春香
斎藤春香
どうしてだろう
赤葦京治
赤葦京治
大丈夫ですか…?
なんだか春香は怒りがこみ上げてきた
斎藤春香
斎藤春香
大丈夫なんかじゃないわよ‼️
失恋して泣かないでなんて
いられるわけないでしょ‼️
赤葦京治
赤葦京治
失恋って
赤葦京治
赤葦京治
どう言う   あっ
赤葦はやっと春香の気持ちに気づいた
でも、春香はもうここに、いたくない
と思ったのだろうか黙って
帰ってしまった
赤葦京治
赤葦京治
春香さん
赤葦は春香の気持ちに気づいて
足が勝手に春香を追いかけた
そのころ春香は走っていた足が疲れて
足がつまづいた、ところが転んだはずなのに
全然身体が痛くない逆に暖かく感じた
どうしてだろう…
目を開けると
そこには、赤葦が目の前にいた
斎藤春香
斎藤春香
どっどうして
赤葦京治
赤葦京治
春香さんを追いかけてきました…
斎藤春香
斎藤春香
なんで⁉️
黙って出て行ってしまったから
呆れられたかとおもったのに…
赤葦京治
赤葦京治
好きな人の誤解です。
そんなので呆れる男では
斎藤春香
斎藤春香
好きな人?
赤葦京治
赤葦京治
はい
赤葦京治
赤葦京治
私は、あなたが好きです。
赤葦京治
赤葦京治
あなたに全力を尽くすので私と
付き合ってください❗️
春香はまた、涙がてでくる
赤葦京治
赤葦京治
どうしてそんなに泣くんですか…
斎藤春香
斎藤春香
だって嬉しくて嬉しくて
斎藤春香
斎藤春香
私も赤葦の事好き‼️
大好き‼️
赤葦京治
赤葦京治
じゃあ私のこと京治って呼んでください
春香
斎藤春香
斎藤春香
えっあうん
京治…
赤葦京治
赤葦京治
すみません
もう一度お願いします…
斎藤春香
斎藤春香
京治❗️
赤葦は嬉しそうに春香の顔を見た
斎藤春香
斎藤春香
ねぇ、赤、京治いつまでこの体制でいるの⁉️
赤葦京治
赤葦京治
あっすみません
斎藤春香
斎藤春香
京治❗️私と付き合ったなら一緒私と
いてね❓
赤葦京治
赤葦京治
もちろんです







こうして2人は結婚したそうです