無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

謎が多いジョングクさん
〇〇
〇〇
え………?

泣いてる?


なんで私が泣かなきゃいけないの?

ジョングクさん
ジョングクさん
いや、申し訳ないと思ってくれて泣いてるのかなと………


私そんなに綺麗な心持ってないんだけど、
〇〇
〇〇
私そんなに綺麗な心もってませんよ
ジョングクさん
ジョングクさん
そんなことないでしょ
〇〇
〇〇
え…?
なんでそんなことがこの人に言えるの……
ジョングクさん
ジョングクさん
だって俺のこと助けてくれたじゃん
〇〇
〇〇
たす…けた?
私が?


でも1回会ったことあるんだよね私達。


ならそのときってこと?
ジョングクさん
ジョングクさん
俺が初めてあなたとあったときに助けてもらった
やっぱりそうなんだ。


でも、秘書してる間は1度もそんなことしてないんだよな。
ということは、私が現役で特殊部隊班にいた頃?
〇〇
〇〇
いつ頃ですか?
ジョングクさん
ジョングクさん
まだ、あなたが特殊部隊だった頃の話
やっぱり。


じゃあ、なんでさっき私のこと知らないふりしてたんだろ。

もう、ジョングクさん謎が多すぎる。