無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

272
2018/06/24

第7話

仕事終わりの会話
NEWSとしての初めての仕事が終わり、私はマネージャーとご飯を食べることにした
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
どこで食べますか?
「そうですね…私のオススメのところがあるんですけど…そこでもいいですか?」
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
もちろんです!どんな所なんですか?
「お忍び系の居酒屋なんです!でも、定食も出しているんですよ!しかもヘルシー!」
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
わぁ!すごくいい所ですね!楽しみー☺️
10分後、私達はお店についた
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
美味しそうな匂いが…
お腹ペコペコ〜
「ですね!入りましょう!」
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
はい!
店内へ入ると…
小山慶一郎
小山慶一郎
穂乃…あぁ!悠くん!?
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
あれ!?小山さん!
そこには、小山さんとマネージャーの方しかいなかった
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
ほかの皆さんは…?
小山慶一郎
小山慶一郎
あー、皆帰っちゃったんだよねー
手越は、明日朝から仕事みたいだし…
まっすーは、用事があるって…
シゲは、執筆しなきゃいけないみたいで…
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
そうだったんですね!
小山慶一郎
小山慶一郎
俺は昼からだから、ちょっと飲もうと思ってね!悠くんは?
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
俺は明日は休みで…
明後日は雑誌の撮影と取材があるんですけどね
小山慶一郎
小山慶一郎
最初はそんなもんだよ!
今のうちに休みを楽しむべき!
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
そうですね!相席してもいいですか?
小山慶一郎
小山慶一郎
いいよいいよ!色んな話聞きたいしね!
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
はい!
そこから、私は日付が変わったことにも気付かず、小山さんと話をしていた
「小山さん!悠くん!もう日付変わりましたよぉ?w」
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
え!?わっ!ホントだ!
小山慶一郎
小山慶一郎
時間進むの早いなぁw
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
もう帰りましょうか!小山さんは明日もお仕事がありますし!
小山慶一郎
小山慶一郎
そうだねー…あ!
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
どうしました?
小山慶一郎
小山慶一郎
悠くん!携帯!交換しない?チャットと電話番号!
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
え!?
小山慶一郎
小山慶一郎
教育係にもなったし!悠くんが分からないことがあった時に俺が近くにいるとは限らないでしょ?
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
そうですね!連絡先を知っていると、助かります!じゃぁ(携帯を出し、電話番号、チャットの交換をする)ありがとうございます!
小山慶一郎
小山慶一郎
ううん!じゃ帰ろうか!
私達はそれぞれ会計を済まし、店を出た
小山慶一郎
小山慶一郎
良かったの?俺、奢ったのに!
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
いやいや!自分の分は払いますよ!
小山慶一郎
小山慶一郎
手越とは大違い…w
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
手越さんは食べ物全般は領収書に小山さんを書くんでしたっけ?w
小山慶一郎
小山慶一郎
うん!w
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
ふふふ(=^^=)
あっ!そういえば!さっきはありがとうございました!私の本名を出さないで貰って!
小山慶一郎
小山慶一郎
ん?あー…ううん!どういたしまして!
まぁ言いかけちゃったけどね!w
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
本当に助かります!💦
小山慶一郎
小山慶一郎
うん!じゃ帰ろっか!俺は車こっちだから!じゃぁね!
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
はい!さようなら!
互いに背を向け、互いがかろうじて見えるかどうかのところで電話がかかってきた
小山慶一郎
小山慶一郎
穂乃佳ちゃん…おやすみ〜
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
おやすみなさい!
電話はプツリと切れ、私の心臓は
ドクドクと高なっていた
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
なんだろ…この気持ち
私はまだ、この気持ちの正体を知らない