無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
252
2018/07/07

第8話

見学
小山さんと食事をした次の日、私は休みだったので、小山さんが仕事をしている所を見学しようと思った。
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
今は…9時か
小山さん電話出るかなぁ
 小山さんに見学をしていいか確認をするため電話をかけることにした
小山慶一郎
小山慶一郎
はい、もしもし
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
あ!小山さん!おはようございます!
小山慶一郎
小山慶一郎
あぁ、穂乃佳ちゃん!おはよう〜
どうしたの?
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
あのー、今日小山さんのお仕事を見学させて頂きたいんですが、大丈夫ですかね?
小山慶一郎
小山慶一郎
ちょっと待ってねー…(少しの沈黙)
大丈夫だよー
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
ありがとうございます!
小山慶一郎
小山慶一郎
いえいえ!じゃ後でねー
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
はい!失礼します!
無事、見学の許可を取ることができた私は安堵する
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
何着てこ…いやいや!NEWSのメンバー!
男装しなきゃだよ!
んー、キッチリした洋服、だけど少しラフな感じていいかな…
準備を終えた私は、小山さんが仕事をする日テレへと足を運んだ《1時間後》日テレ到着
小山慶一郎
小山慶一郎
悠くーん!こっちこっち
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
小山さん!おはようございます!すみません!お忙しいのに…
小山慶一郎
小山慶一郎
いいよいいよ!じゃ行こうか!
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
はい!
小山さんが出演する番組がスタートした。小山さんは目配り、さりげない気遣いなどしていた。ホントにしっかりしてるなぁと思いながらも、ジャンケンに勝った時の小山さんを思い出すと頬が緩んでしまう。
収録が終わり、小山さんは私のところに近ずいてくる
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
小山さん、お疲れ様でした!
小山慶一郎
小山慶一郎
うん!ありがと!
悠くんさぁ、なんか俺見てニヤニヤしてなかった?
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
え!?してませんよ〜
小山慶一郎
小山慶一郎
ホントにー?
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
はい!(笑いをこらえる)
小山慶一郎
小山慶一郎
絶対嘘だ!笑ってるもん!!!w
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
ごめんなさいwキャスターの時は凄くしっかりなさってるのに、ジャンケンに勝った時の様子を思い出すと少し…頬が緩んでしまうんですw
小山慶一郎
小山慶一郎
あー…しっかりしてるのはキャスターの時だけだよw
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
そうなんですか?w
小山慶一郎
小山慶一郎
うんw

そうだ!悠くん!
今日さ、夜ご飯一緒に食べない?
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
いいですね!行きます!
小山慶一郎
小山慶一郎
どこに行こうかぁ?
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
そうですねぇ…
私は、お店をあまり知らない
小山さんに決めてもらおうかと思ったその時
「もし良ければ私がお店、紹介しましょうか?」
私の専属マネージャーが切り出した
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
ほんとですか!?
小山慶一郎
小山慶一郎
ほんと!?
「はい!」
私と小山さんを顔を合わせ…
福迫穂乃佳
福迫穂乃佳
ありがとうございます!
小山慶一郎
小山慶一郎
ありがと!!!
「いえ!」
そして私達はマネージャーが紹介してくれたお店でご飯を食べることになった