第148話

最終話
301
2022/08/12 03:22






禁断の兄妹は_______









____________________
司会
それでは友人代表のスピーチです
如月サナさんお願いします
サナ
はい!えーっと、まいとレンとは高校生の時に知り合いました
サナ
まいは今より明るくて友達思いのすごくいい子でした。
レンはそのままです笑笑
サナ
私は2人とたくさん遊べたことが青春でした。
今でも仲良くしてくれてすごく嬉しいよ
サナ
私の自慢の2人が結婚することが、私は本当に嬉しいです。
これからも1番に2人の幸せを願ってます
まい
サナ〜っ!
あいつもたまには良いこと言うな
サナの友人代表のスピーチに私はうるっとした。

サナ……私が唯一本当の友達だと思える人。

我慢ばかりの中学生活だった私は友達なんて信じていなかった。

だけど、いつでも元気に話してくれるサナに私は何度も救われたんだよ。

サナと友達になれてよかった。

私の自慢の「親友」だよ。
司会
それでは次に家族代表のスピーチです
川名駿さんお願いします
シュン
はい、まいの兄の川名駿です
シュン
まいは昔から泣き虫で、俺にばっかり頼ってきて
シュン
俺が助けてやらなくちゃって思っていたけれど、実際はまいはとても強い子で、
シュン
もう俺がいなくても1人で頑張ることのできる、立派な妹です
シュン
……まい
まい
な、なに?
シュン
……俺らが過ごした時間は無駄じゃない




"まい"


"まい……好きだよ"


"まいの泣き虫〜"


"まいにプレゼント"


"まい愛してる"





無駄なんかじゃなかった。

叶わなくても報われなくても。

お兄ちゃんと愛し合った日々があるから、今の私がある。

だから……絶対にあの恋は無駄なんかじゃなかった。

私の人生をかけた恋は、私の中で生き続けている。





シュン
まい、結婚おめでとう
まい
……ありがとう


会えてよかったよ、お兄ちゃん。

お兄ちゃんに「結婚おめでとう」って言われて嬉しかったよ。

もう一度……話すことができてよかったよ。

やっと……

やっと、ずっと心のどこかで守り続けていた想いを捨てることができそうだなぁ。








お兄ちゃん、大好きだったよ________



___________________
サナ
まい〜!レン〜!
おめでとー!!
ママ
おめでとう、まい
まい
サナ〜!ママ〜!


私は、とても幸せだ。


私の周りには大切な人がたくさんいてくれる。
シュン
まいっ!そういえば……


だけど、私はそれがあたりまえではないことを知っている。
ごめんなさい、お兄さん。
まいはもう二度と渡さないですよ


人生に絶望して、世界が真っ暗になるときもある。
まい
もう〜廉////
シュン
うわーイチャイチャ見せつけてくる!


だけど、きっとその暗闇はずっとは続かない。
シュン
これを、返そうと思って……


人生で無駄なことなんて1つもない。

まい
これ……まだ持ってたの?


いつかきっと、あの日々があってよかったと思える日が来る。
シュン
うん、ずっとこれだけが俺の希望だった


だから精一杯「今」を生きよう
シュン
だけど、もう必要ないや
シュン
じゃあな、まい
まい
またね!お兄ちゃん
シュン
……
シュン
またな!


世界はきっと思っているよりも悪くない


何渡されたんだ?
まい
ああーただの付箋だよ
付箋?何か書いてるの?
まい
んんー愛の告白?
はぁ!?なにそれ!
まい
嘘だよ笑笑
廉、焦りすぎ〜
焦るに決まってるだろ
まいは俺のお嫁さんなんだから
まい
そうだね笑笑
まい
廉、好きだよ
俺も、ずっと好きだよ





私は、付箋を花束のブーケに添える。


















『生きていてよかったよ』















“俺がまいに、「生きててよかった」って思わせてやる!“










まい
ふふっ、有言実行だ





そして私は、どこまでも続く真っ青な空にブーケを投げた。








《END》

プリ小説オーディオドラマ