第146話

143
188
2022/08/12 03:15





あなたが幸せでありますように______







____________________


《まい》
??
やっぱり白は似合わねーな
まい
……うるさい
似合ってるでしょ
??
自分でも言ってたじゃん
私には黒が似合うって
まい
似合うようになったの……
??
ハハッ嘘だって
似合ってるよ、白のウエディングドレス
まい
バカ……バカ……
まい
いま…まで……どこに……
まい
なん…で……きょう……
??
ん?俺の夢だったんだよ
??
妹の結婚式でお祝いのスピーチするのが


声が震えてしまう。

体の震えが止まらない。

ねぇ……今見ているのは現実?

ここにいる人は……虚構?

ううん、私が間違えるはずがない。

ははっ、10年越しの再開だ。

まい
会いたかった……お兄ちゃん
シュン
大きくなったな、まい
まい
私、大学受験1人で頑張ったんだよ
シュン
うん、勉強嫌いだったのによく頑張ったな
まい
一人暮らしもちゃんとやったよ
シュン
大変なのにえらいえらい
まい
就職も頑張って……
シュン
もう立派な大人だな
まい
……っ!


今まで私は……

お兄ちゃんに認められたくて……

いなくなってしまったお兄ちゃんに立派な大人になったと認められたくて頑張ってきた。

どんなに辛いことがあっても1人で頑張ってきた。

やっと……やっと報われたよ……
まい
それで……廉と結婚するの
シュン
うん……ずっとそうだと思ってた
まい
え!廉の気持ち知ってたの?
シュン
あんなのバレバレだったよ
シュン
まい、お前が幸せそうでよかった
シュン
だから泣くな
せっかくのメイクがとれるぞ

あっ…………

お兄ちゃんに言われて初めて気がついた。

私の両目からは数え切れないほどの温かい涙が溢れていた。


まい
泣…いて……ないし……
シュン
泣き虫は変わってないなー


10年前、私を振っていなくなったお兄ちゃん。

本当に1度も姿を見せなかった。

家族なのに……兄妹なのに……ずっとずっと会いたかったのに会えなかった。

だから……1人で頑張るしかなかった。










"今でもお兄さんが好き?"









5年前、廉に問いかけられた質問が私の心に響く。

わ…たしは……

私は___________








プリ小説オーディオドラマ