無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

11
私がリビングに行くとパパとママが先に座って待っていた
岩本 真子
岩本 真子
パパお帰りなさい
岩本照
お、ただいま
岩本辰哉
さ、食べましょう。座って
岩本 真子
岩本 真子
うん
私は、椅子に座り手を合わせた



3人「いただきます」
岩本照
ん、美味いな
岩本辰哉
ふふ、でしょ?今日は張り切ってパパの好きな物にしたんだから!
岩本照
ありがとう
はぁ〜



良く子供の前でイチャつけるよね…



30分が経ってご飯も食べ終わった


3人「ご馳走様でした」
岩本 真子
岩本 真子
私洗っとくから、2人は早くお風呂入って部屋でゆっくりしなよ
岩本辰哉
え、でもマイは足怪我してるんだから無理しちゃダメよ
岩本 真子
岩本 真子
私は、大丈夫。二人の時間の方が大事でしょ
岩本照
それもそうだが…
岩本 真子
岩本 真子
いいから
岩本辰哉
じゃあ、お言葉に甘えて…
岩本照
ありがとうな
2人は私にお礼を言って部屋に戻っていった
岩本 真子
岩本 真子
さ、洗いますか
ジャー


キュッキュッ



お皿とかを手早く洗い、手早く拭いて片付けた
岩本 真子
岩本 真子
よしっ、終わり!お風呂はいってもう寝よう…
私は、一旦部屋に戻りお風呂の準備をしてお風呂場に向かった