無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6
ー保健室ー


ガラガラッ
佐久間大介
先生〜って居ないじゃん‪
渡辺翔太
これ、手紙?
机の上には手紙が置いてあった


手紙の内容は


『保健室に来た生徒たちへ

先生は今日はいませーん!なので自由にベッドとか使っちゃいなさい♡怪我の場合は…頑張れ!♡じゃあ、ばぁーい』


と書かれていた
渡辺翔太
うわ、テキトー
佐久間大介
これ先生としてどうなの‪w
金髪の男の子は困り顔だった


でも直ぐにベッドの方に行き私を降ろしてくれた
岩本 真子
岩本 真子
あ、ありがとうございました…
金髪の子は私を降ろしたあと色々持ってきてくれて、足を手当してくれた



手際がいい…



全然痛くない…
ラウール
ラウール
できた
岩本 真子
岩本 真子
あ、ありがとう、、ございました、、
渡辺翔太
やべぇ、俺ら教室戻ってるわ
佐久間大介
あ、こんな時間。じゃあ、また後でね〜
岩本 真子
岩本 真子
へ、あ、私も戻らなきゃ!いっ!
ラウール
ラウール
まだ動くな
渡辺翔太
ゆっくり休んどけ
佐久間大介
そうそう、女の子が無理しちゃだめだよー
そう言って2人は出ていった
岩本 真子
岩本 真子
どうしよう…
ラウール
ラウール
良くなるまでここにいろ
岩本 真子
岩本 真子
で、でも、あなたは…
ラウール
ラウール
俺も居る
岩本 真子
岩本 真子
で、でも…
ラウール
ラウール
いいから。お前は人に甘える事を覚えろ
この言葉パパとママにも言われたな…
岩本 真子
岩本 真子
クシュッ!ううっ…寒い…
そーいえば私濡れてたんだ…



着替え持ってくればよかった…
ラウール
ラウール
あっ…
パサッ
岩本 真子
岩本 真子
へぇ…?
いきなり背中に何かをかけられる感覚があった


よく見ると上着がかけてあった
ラウール
ラウール
………えっと、、さっきはごめん
岩本 真子
岩本 真子
え、あ、だ、大丈夫です!全然気にしないでください!これ、大丈夫ですから!あなたが風邪引いちゃいます!
ラウール
ラウール
いいから、かけておけ。あと俺は、村上 真都ラウールだ
岩本 真子
岩本 真子
え、あ、村上くんが風邪引いちゃうよ…
ラウール
ラウール
いいって言ってんだろ。お前の名前教えろ
岩本 真子
岩本 真子
わ、私は、岩本真子です…
ラウール
ラウール
岩本真子…お前の事は、まいと呼ぶ。俺のことはラウールって呼べ
岩本 真子
岩本 真子
へ、いや、で、でも…
ラウール
ラウール
お前はでもが多いい。とにかくラウールって呼べ
岩本 真子
岩本 真子
う、うん…
ラウール
ラウール
少し寝ろ
岩本 真子
岩本 真子
へ、あ、うん…
私は、ベッドに横になった


な、なんか緊張して寝れない…


ど、どうしよう…


なんでよりによってこの金髪の子と2人っきりなの…