無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3
ラウール


俺たちはただ歩いてるだけなのに女子からキャーキャー言われる


毎日うるさくてたまらない


学校の門を過ぎると男たちに女子生徒が絡まれていた


めんどくせぇ…


俺は男たちの近くに行った


色々ムカついたので男たちに自分が持っていた炭酸の飲み物を降ってぶっかけてやった


見事に男たちにかかった


男たちのうわっ!という声と同時に女子生徒の声も聞こえた


俺が男たちに向かってかけた飲み物が女子生徒にもかかっていたのだ
翔太が女子生徒に声をかけたがすぐどこかに行ってしまった
佐久間大介
ラウール何やってんだよ‪w‪w女の子にもかかってたじゃん〜
ラウール
ラウール
………分かってる
渡辺翔太
あいつ大丈夫かよ
俺は、さっきの女子生徒が頭から離れなかった  


なんでだ?



なんであいつのことばかり…
佐久間大介
とにかく教室に行こうぜ〜
渡辺翔太
そうだな
俺たちは、教室に向かった