無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

24
ー20分後ー


カレーの香り…
岩本 真子
岩本 真子
いい匂い…
ラウールくんがキッチンからカレーが入ったお皿2つを持ってきてくれた
岩本 真子
岩本 真子
あ、ありがとう。あ、スプーンと飲み物持ってくるね!
ラウール
ラウール
おう
私は台所に行きスプーンと飲み物の準備をした
岩本 真子
岩本 真子
よしっ!
準備ができたのでリビングに戻り並べた
ラウール
ラウール
食べるか
岩本 真子
岩本 真子
う、うん!
2人「いただきます」
岩本 真子
岩本 真子
(。・н・。)パクッŧ‹”ŧ‹”(σ~σ*)ŧ‹”ŧ‹”
ラウール
ラウール
薄くないか?
岩本 真子
岩本 真子
んーん!美味しいよ!
すごい!


男の子でこんなに美味しく作れるなんて!
ラウール
ラウール
そっか
岩本 真子
岩本 真子
ん〜♡美味しい♡ありがとう!
ラウール
ラウール
い、いや…普通だし…
岩本 真子
岩本 真子
私も頑張らないと!
美味しすぎてすぐ食べ終わった
岩本 真子
岩本 真子
美味しかった♡ごちそうさまでした!
ラウール
ラウール
ごちそうさま
岩本 真子
岩本 真子
私片付けるから座ってて!
急いでラウールくんと自分の分を台所に持っていった