無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10
もうこんな時間…



私が帰ってきたのは夕方の5時20分くらいだった



今の時間は夜の7時15分だった
岩本 真子
岩本 真子
2時間くらい勉強してたのか…
ママも全然呼びに来る気配がなくまだパパが帰ってきてないのかなと思った
岩本 真子
岩本 真子
少し寝ようかな…
私は、ベッドにダイブした
岩本 真子
岩本 真子
気持ちいい…
すぐに眠くなってしまい目をそのまま閉じた
ー1時間後ー



㌧㌧


誰かから体をゆらされたり叩かれたりする感覚があった
岩本 真子
岩本 真子
んんっ…まぁまぁ?
岩本辰哉
そうよ。パパ帰ってきたからご飯食べましょ?
岩本 真子
岩本 真子
はぁーい
岩本辰哉
先行ってるわね。ちゃんと着替えなさいよ
岩本 真子
岩本 真子
うん
私は、ベッドから起き上がり部屋着に着替えリビングに向かった