無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

21
黙って下を見ていたら



ポンッ



頭にラウールくんの手が乗っけられた
岩本 真子
岩本 真子
へ…
ラウール
ラウール
お願いだから、なんで俺を避けてたのか教えて…
少し震えた声で言ってくるラウールくん



どうしてここまでラウールくんは私に構うんだろう



ほっといてくれたらいいのに…
岩本 真子
岩本 真子
…………
言っていいのかな…



どうしたらいいのかな…



もうわかんないよ…
岩本 真子
岩本 真子
お、女の子たちから、ラウールくん達に近づくなって言われた…あんたみたいなやつが近づいていい人達じゃないって…だから、ラウールくん達を避けてたの…
ラウール
ラウール
あの子たちか…
岩本 真子
岩本 真子
ごめん…ごめんなさい…
ラウール
ラウール
謝らなくていいよ。別に怒ってないから。今度からは、女の子たちから言われても気にしなくていいから。俺がまいを守るから
岩本 真子
岩本 真子
え…
ラウール
ラウール
まいを傷つける人は俺が許さない
岩本 真子
岩本 真子
ど、、どうしてそこまで…
ラウール
ラウール
いや、その、、俺もわかんねぇよ…とにかく、何かあったら俺に言え。いいな
岩本 真子
岩本 真子
う、うん…
ラウール
ラウール
もう我慢すんな
そう言ってラウールくんはリビングに戻っていった
岩本 真子
岩本 真子
(頭に手を持っていきそっと触る)我慢すんな…か…
ドックンドックン



心臓の音がうるさい…



なんでこんにドキドキしてるんだろう…



また、ドキドキが収まらない…



私…



病気かな…