無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

23
真子
お腹すいたって言われても…



うぅ…



私料理出来ないよ…
岩本 真子
岩本 真子
ど、どうしよう…と、とりあえず簡単に出来るものを調べて作るしかないか…
私は、携帯を取りだし簡単に作れる料理を調べた
岩本 真子
岩本 真子
やっぱりカレーか…か、カレーくらいならできるよね!
冷蔵庫から野菜やお肉を取りだし鍋とかおたまを出してカレーを作る準備をした
岩本 真子
岩本 真子
よ、よしっ!やるぞ!
玉ねぎを切らなきゃ!



包丁とまな板を出した
岩本 真子
岩本 真子
皮をむいて…薄く切る…
トンットンッ



な、なにこれ…



目が痛い
岩本 真子
岩本 真子
ううっ…め、目が痛い(泣)
でも作らなきゃ!



何とか玉ねぎ、人参、ジャガイモなどを切った
岩本 真子
岩本 真子
へ、下手すぎる…よ、よしっ、次!
玉ねぎを炒めるため、バターを鍋に入れ火をつけてバターを溶かした



そして切った玉ねぎを鍋に入れた



ジューッ



バチバチッ
岩本 真子
岩本 真子
アッツ!ううっ…痛い(泣)
玉ねぎを入れた時にバチバチと飛んですごく熱かった
岩本 真子
岩本 真子
キャッ!ん〜上手く出来ないよ…(泣)
料理ってこんなに大変なの…



ど、どうしよう…



ラウールくんに料理できないのかよってバカにされちゃう…



ギュッ
岩本 真子
岩本 真子
えっ…?
テンパっていたら後ろから手を重ねられた
ラウール
ラウール
そんなんで嫌わねぇよ
岩本 真子
岩本 真子
へぇ…?
ラウール
ラウール
お前、心の声漏れすぎ
岩本 真子
岩本 真子
なっ/////
ラウール
ラウール
俺が作るからお前は手を冷やして座っておけ
岩本 真子
岩本 真子
で、でも…
ラウール
ラウール
これ以上やったら怪我するぞ
岩本 真子
岩本 真子
そ、そうだよね。ごめんね。ありがとう
私は、軽く手を水で冷やしリビングの方に戻った



ラウールくん、優しいな…



私も料理もっと練習しなきゃ…