無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

14
学校につき門を通ったら…



女子生徒「キャーキャー!!ラウールくんよ!!」



女子生徒「翔太くんもいるわ!!いつもカッコイイ!!」



女子生徒「佐久間くんは小さくて可愛いけど優しくてかっこいい!」



女子生徒「本当にキラキラしてる!」



女子生徒たちの騒がしい声が聞こえてきた



はぁ〜



私は関係ない。だからそのまま後ろを振り返らずに行こう
ラウール
ラウール
おい
無視無視




ラウールくん達は私なんかが話していい相手じゃない




女の子達をこれ以上敵に回したくない



そんな事を考えていたら


ガシッ
岩本 真子
岩本 真子
へぇ…?
ラウール
ラウール
無視すんなよ
ラウールくんから腕を掴まれてしまった



や、やばい…



女の子たちが私を睨んでる
岩本 真子
岩本 真子
ご、ごめんなさい!急いでるから!
ラウール
ラウール
はっ?ちょ、、おい!
私は、腕を振りほどいて急いで教室まで走った