無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
私は、足が痛かったけど走って帰った


ガチャッ
岩本 真子
岩本 真子
ただいま
岩本辰哉
あら、お帰りなさい。足どうしたの?
岩本 真子
岩本 真子
あ〜ちょっと体育で捻っちゃって
岩本辰哉
あら、それは痛かったでしょ。今日ね、パパが早めに帰ってくるんだって!だから3人でご飯食べようね!
ママすごく嬉しそう



そりゃあそっか、パパはいつも帰りが遅いし、帰ってこない時もある


だからママは寂しかったんだと思う


でもパパに会えるから嬉しくて張り切っちゃってるんだね
岩本 真子
岩本 真子
うん、ご飯になったら呼んで?勉強してくるから
岩本辰哉
分かったわ
私は、部屋に戻って机の上に教科書とノートを開いた
岩本 真子
岩本 真子
大丈夫…大丈夫!私ならどんなことでも我慢出来る。もう慣れてるんだから。パパ達には心配かけないようにしないと
教科書とノートとに向き合いひたすら勉強をした



何分くらいだったんだろう気づけば外はすごく暗くなっていた