無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

いじめ⁉
2日目、3日目のテストが終わって。土曜日になった。やることのない私は、病院におばあちゃんとクラスの人に頼まれて楠先生のお見舞いに行くことになった。
まずおばあちゃんの病室へ
[ドアをノックして]
主人公 弥生
おばあちゃん、弥生だよう。入って良いい?
おばあちゃん
いいよー
ガラガラとドアを開ける。
朝だったので
主人公 弥生
おはよう。
おばあちゃん
おはよういつも来てくれてありがとね
主人公 弥生
ううん暇だったし。
おばあちゃん
ところで、勉強してるのかい?
主人公 弥生
今日は、学年末テスト終わったからしてないよ
[5分ほど話して]
主人公 弥生
私、行くね
おばあちゃん
もう行くのかい?
主人公 弥生
お見舞いする人まだいるんだ。
おばあちゃん
そっか、バイバイ。
[先生の病室へ]
トントン
主人公 弥生
1E の草野です。お見舞いにきました
楠先生
弥生ちゃん?入って良いよ。
楠先生はクラスの皆をしたの名前で読んでいる。
主人公 弥生
失礼します。
楠先生
適当なとこ座って。
主人公 弥生
そうだ
私は紙袋から色紙を取り出す。クラス皆で楠先生の為に書いたものだ。
それを渡したとたん、若干青白かった先生の顔はピンクいろに染まった
楠先生
わあ、ありがとう。早く、E組戻りたい‼
主人公 弥生
先生、いつになれば戻ってこれますか?
楠先生
春休み中になるかな。もし、早くなっても山崎先生はいなくなんないよ。担任が2人になるだけ。
急に山崎先生と言う言葉を出されてドキドキしてしまう。
主人公 弥生
......
楠先生
弥生ちゃん、山崎先生のこと好きでしょ。
何で知ってるの⁉
でも、平然を装って。
主人公 弥生
好きってどういう意味ですか。
楠先生
言い方替えるね恋してるでしょ。
態度に出てしまったのか
楠先生
やっぱり
と言われた
楠先生
でも、禁断だからねー
独り言のように先生が言う。
やっぱり、先生と生徒は恋しちゃダメなのかな。
楠先生
でも、私は応援するよ。片思いなら全然いいんだから。
[月曜日]
放課後
今日は美術の居残りがあるので、美術室に向かう。帰りの会が早く終わったからか、まだ掃除係の人がいた
その中にゆまを見つける。
黒板に何かを書く女子がいた。
[死ね]
とかきな書きながら。笑っていた。
すぐにわかった、それがゆまに対してのものだと。
ゆま
やめて‼
いじめっ子1
お前が悪いんだろ⁉
それが[いじめ]だと分かった
何でゆまが。ゆまを守りたい。でも怖い。

私は、止めるか見ているだけにするか迷ったでも、
主人公 弥生
(傍観者にはなりたくない)
美術室に入っていった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

超特急青空線🐧
超特急青空線🐧
こんにちは、こんばんは、おはようございます。超特急青空線です。ちょうとっきゅうあおぞらせんです。名前長くてすいません。中学生です。 現在、センコイを書いています。❤、⭐が無くても、読んでもらえることが幸せです。👾。 名古屋弁少々あるかもしれません、でないように気をつけますがあったら、コメントで教えていただけると嬉しいです。 コメント💬返します。 初心者なので、へたですが、宜しくお願いします。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る