無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

帰宅。
主人公 弥生
じゃーね
ゆま
バイバイ
ゆまの家の前で私達は別れた。ここから私の家までは真っ直ぐだ。
家に着いた
ドアを開けながら
主人公 弥生
ただいま、
と言う
ママ
お帰りー
私は、重いリュックを床におき、コートを着たままソファーに座る
ママ
とりあえず、コート脱ぎなさい‼
めんどくさいな
主人公 弥生
はーい
コートをクローゼットのハンガーに掛けてソファーに戻る。
ママ
今日学校どうだった?
主人公 弥生
新しい先生が来たよ
ママ
え、こんな時期に?
主人公 弥生
楠先生が休んだから。
ママ
へー
ここでママとの会話が途切れる
しばらくして
ママ
そういえば、弥生。今からおばあちゃんのとこ行ってくれない、
私のおばあちゃんは転んで足怪我して、入院中だ。
主人公 弥生
病院?
ママ
うん
主人公 弥生
何で?
ママ
最近、会ってないから心配で、
心配性だなぁ。
主人公 弥生
ママが行けばいーじゃん
ママ
て離せないの。それにもうすぐお父さんも帰ってくるから、晩ごはん作んなきゃ。
主人公 弥生
まー、いーよ
病院、すぐそこだし。
私は、着替えて病院へ向かう

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

超特急青空線🐧
超特急青空線🐧
こんにちは、こんばんは、おはようございます。超特急青空線です。ちょうとっきゅうあおぞらせんです。名前長くてすいません。中学生です。 現在、センコイを書いています。❤、⭐が無くても、読んでもらえることが幸せです。👾。 名古屋弁少々あるかもしれません、でないように気をつけますがあったら、コメントで教えていただけると嬉しいです。 コメント💬返します。 初心者なので、へたですが、宜しくお願いします。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る