無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

理科のテストが帰ってきた‼
次の日。理科の時間テスト返しだった。
山崎先生
今から、テストを返す。皆、赤ペンと問題用紙だけを机において、他は全部しまえ。
ドキドキする。なあ。
山崎先生
赤崎、飯田、伊藤、鵜飼、尾坂、
最初は男子が返されて、女子の番になった。
山崎先生
........草野、
教卓の前で受けとると、先生と目があって、先生が微笑んだ。その顔がまたかっこよかった。
ドキドキしながら、問題用紙を見る。
主人公 弥生
98点.......
ううー、ご褒美貰えない。
[次の休み時間]
机で落ち込んでいると。
山崎先生
草野ちょっとこい。
先生に呼ばれて、ついてった。
そこは、教材室だった。薄暗いそこで、
山崎先生
残念でしたw 
一緒に写真は取れません。
主人公 弥生
わかってます!
山崎先生
でも、頑張ったで賞あげる。
幼稚園の運動会で貰えそうな賞の名前を言うと。

ちかずいてきて。先生が私に......
覚悟して目をつぶる。

あれ、
目を開けると、唇にあったのは人差し指を立てた先生の手だった。
山崎先生
キスされると思った?
思った何て言えないので、
主人公 弥生
だから!先生が生徒好きにさせちゃダメです‼
山崎先生
そんなつもりないけどな。
山崎先生
とりあえず、テスト頑張ったな、弥生。
はじめての呼び捨てだった。
主人公 弥生
次の授業あるんで、さようなら‼
教材室を出る。
先生に触れられた唇はまるでそこに心臓が移動したかのように熱かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

超特急青空線🐧
超特急青空線🐧
こんにちは、こんばんは、おはようございます。超特急青空線です。ちょうとっきゅうあおぞらせんです。名前長くてすいません。中学生です。 現在、センコイを書いています。❤、⭐が無くても、読んでもらえることが幸せです。👾。 名古屋弁少々あるかもしれません、でないように気をつけますがあったら、コメントで教えていただけると嬉しいです。 コメント💬返します。 初心者なので、へたですが、宜しくお願いします。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る