無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

放課後の教室
放課後、教室にて
皆がいなくなった教室に私と、私の隣の席にゆま、前の席に先生が座った。
山崎先生
でーどこがわからないの?
ゆま
ここです。
山崎先生
あ、ここ。ここ苦手な人多いんだよ。
そうなんだ。
山崎先生
草野さんもここがわかんないの?
私、理科得意だから、分かるけど、わかんないって事にした方が良いのかな
主人公 弥生
.......
どうしようと迷っていると、
耳元でささやかれる。
山崎先生
わかんない、の
焦って
主人公 弥生
はい‼
と言ってしまった
山崎先生
そっか、
ゆまと一緒に先生に勉強を教えてもらって帰る時間になった。
山崎先生
わかった、二人とも。
ゆま
はい‼
主人公 弥生
わかりました。
山崎先生
じゃあ、
先生が立ってドアの前へ行く
山崎先生
鍵かけるから、出てねー
私達は帰ろうとして急いでドアへ向かった
ゆま
おっ先ー
ゆまが走って行ってしまった。
まー下駄箱のとこで待っててくれるだろう。
私もいこうとすると、
山崎先生
草野!
主人公 弥生
ふえっ
突然呼ばれて、変な声を出してしまう
山崎先生
さっきのとこ、分かってただろ。
主人公 弥生
何で分かるんですか⁉
え、エスパー?
山崎先生
やっぱり、何で分からないふりしたんだ?
主人公 弥生
なんとなくです
山崎先生
自分のことは、ちゃんと言葉で伝えなきゃダメだから、気持ちとかも
先生のその言葉には謎の説得力があった
山崎先生
じゃあ、さようなら。
主人公 弥生
さようなら
自分の気持ちか、
今まで誰かに自分の気持ちを伝えたことなかったな。
なんて、考えてるうちにきずいたら下駄箱にいた。
ゆま
遅い、
主人公 弥生
ごめんごめん、
2人で下校した、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

超特急青空線🐧
超特急青空線🐧
こんにちは、こんばんは、おはようございます。超特急青空線です。ちょうとっきゅうあおぞらせんです。名前長くてすいません。中学生です。 現在、センコイを書いています。❤、⭐が無くても、読んでもらえることが幸せです。👾。 名古屋弁少々あるかもしれません、でないように気をつけますがあったら、コメントで教えていただけると嬉しいです。 コメント💬返します。 初心者なので、へたですが、宜しくお願いします。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る